ぬりぬり、ペタペタしました!「葉っぱでしおりをつくろう!」

ちょっと乙な工作教室です

少しずつ寒くなってきた11月中旬。子どもたちが色付いた葉っぱを手にメルヘンハウスに元気に入ってきました。そう、今日は秋の工作教室「葉っぱでしおりをつくろう!」の日です!

夏に行ったうちわプラネタリウムをつくる工作教室とは違い、少し渋めの工作ですが、子どもたちは工作教室が待ち遠しいようで、はじまるまでの時間をソワソワしながら絵本を読んで過ごしていました。

さあ、間もなく工作教室のはじまりです。受付を済んだ子どもたちには招待状が配られます。

001

葉っぱの形をした招待状

工作教室のはじまりはじまり〜!

まず最初にスタッフが、葉っぱと木の実で作った動物たちの写真絵本、『ばけばけ はっぱ』(ハッピーオウル社)を読んでからスタート!みんなで葉っぱをふーって吹いてみたり、少しずつ葉っぱに親近感が湧いてきます。

葉っぱをしおりとなる台紙に貼って、ペンで目を描いたり、紙を貼ったりして顔や動物をみんな自由自在に作ります。今回の工作教室はとてもシンプルで簡単なので、作るのが早い子は何枚も出来上がります。逆に一枚のしおりを時間をかけて丁寧に作る子もいたり、子どもそれぞれ取り組み方にも個性が出ます。

完成するはずが・・・

しおりは最後にラミネートをして完成する予定でしたが、最初のほうはご機嫌だったラミネーターも途中からご機嫌斜めになってしまい・・・。

ご機嫌が良かった頃のラミネーター

ご機嫌が良かった頃のラミネーター

子どもたちにその日持って帰ってもらうはずが、お預かりして後日送ることに。お手紙を添えて、出来上がったしおりをメルヘンハウスの封筒に入れて送りました。

すいませんでした。

すみませんでした。

今頃、自分で作ったしおりをどうしているかな?本にはさんでいるかな?どこかに飾っているのかな?工作教室は、子どもたちがその後どのようにしているか?とても気になるのです。
そして、今回のようなハプニングも含め、ひと秋の思い出のひとつとして子どもたちの中に残ってくれたら嬉しいのです。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事
  • メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    2018年3月31日、メルヘンハウスは45年と5日の長きにわたる書店活動を閉めることとなりました。 「一人でも多くの子どもに読書の喜びを」をスローガンに、国内初の子どもの本専門店として立ちあげま...
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    photo by MIKI Yoshihito 自分の子どもへの読み聞かせはもちろん、小学校のボランティアや町内の子ども会など、意外と機会があるのが、低学年の子どもへの読み聞かせです。 でも、...
  • 絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    「絵本読んで!」 子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵...
  • 泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    あなたは、どんな時に感動したり、泣いたりしますか? 映画で思わず泣いてしまったという人は多いかもしれませんが、絵本でも泣ける内容の感動的なストーリーがたくさんあります。 この記事では、子どもだ...
こちらもいかがですか?
  • image8
    とっても大きくダイナミックなワークショップでした!

    自由が調和を生み、そして平和な夢の大都市が完成! メルヘンハウスの2Fギャラリー。一面にクラフト紙が敷き詰められ準備は万端!今日は夏休み最後の日曜日、ワークショップ「みんなでつくる、夢の巨大都市」の日です。 まずは今回の…

  • image6
    クレヨンとクレパスの魔法は努力の積み重ねだったのです。

    クレヨンとクレパスの可能性を追求! どこか昭和の香りが漂うノスタルジックな画風とおはなしが人気の加藤休ミさん。原画展にあわせて来店いただき、子どもワークショップと大人へのトークショーを開催しました。いずれも加藤休ミさんの…

  • image10
    驚いて、耳を傾けて、歌を歌って、かなりさいこう!

    すべてが本物の「かなりさいこう!」なライブ! 全国各地で年間270回もの公演をおこなう、大人気のミュージシャンで絵本の翻訳も手がける大友剛さんが、忙しい合間をぬってメルヘンハウスにやってきてくれました! この日は、事前予…

  • 絵描き歌に合わせて描く
    「もったいないって、どんなこと?」

    想像力を育む本 「もったいないばあさん」シリーズ(講談社)で有名な絵本作家の真珠まりこさん。昨年発表されたシリーズの最新刊『もったいないばあさんの てんごくとじごくのはなし』の原画展に伴い、メルヘンハウス来てくださいまし…

  • 記念撮影はジャンプ!
    「子ども」というキーワードがたくさんの日

    子どもに向けて発信すること 「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「ペンギンきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)など、数多くの人気絵本を手がける作家、工藤ノリコさん。子どもだけでなく…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索