スタッフの この本読んで!-「良いお姉さん」じゃなくていいんだよ-

『ごきげんなすてご』 いとうひろし/作 徳間書店 (小学初級から)

ごきげんなすてご
いとうひろし/作
徳間書店
(小学初級から)

 はじめまして。メルヘンハウスの一員になって8カ月、先輩方の背中を見ながら学びの毎日を過ごしています。初めて担当するこのページ、自己紹介も含めて読んでいただけたら嬉しいです。

   幼い頃から子どもの本が好きでした。子どもの頃に家族と一緒に見た絵本から大人になって出合ったお話まで、お気に入りの作品はたくさんあります。けれど、今でも変わらず好きなのは食べ物の話、そしてきょうだいの話です。特にきょうだいがテーマの作品は見つければつい読んでしまいます。

 突然ですが、私はお姉さんです。2才年下の弟とはずっと一緒に育ってきました。だから上の子の気持ちを描いた絵本が好きでした。ただその多くが「かわいい弟のために良いお姉さんになる」というような結末です。もちろんそれらは名作ばかりですが、子どもの私はどうも結末に納得できません。そんな中で出合ったのが『ごきげんなすてご』でした。

 主人公は小学生くらいの女の子。3カ月前に弟が生まれたのですが、これがおさるにしか見えない。なのにお母さんは弟ばかりかわいがるので、彼女は家出をしてそこで出会った動物たちと捨て子になることにします。弟のいない優しい家族のすてきな家を夢見て……。ユーモアあふれる物語ですがオチは案外正統派で、笑いながらほっと心が温まる読み物です。小学生の私は、主人公目線で進むコミカルなストーリーや挿絵の愉快な雰囲気が大好きになりました。大人になって読み返すと、当時の私のお気に入りとなった本当の理由が見えてきます。

 まずは主人公。勝ち気な態度や捨て子の自分を売り込もうとするしっかり者の反面、理想の家を夢見る純粋さがあり、憎めません。大人には、彼女は「ひねくれ者」に映るかもしれませんが、本当はこれが等身大の「お姉さん」像なのではないでしょうか。突然家に来たさるみたいな生き物を弟と思って優しくしなさい、なんて無茶なのです。きっと幼い私はそんな彼女に共感したのだと思います。

 そして何より魅力的なのは主人公の両親です。彼らは娘に「弟のために良いお姉さんになりなさい」とは言いません。代わりに彼女に頼むのです。何を頼んだのか……それは本を読んでのお楽しみ。この両親は娘の性格や気持ちを十分理解した上で、一番良い解決の仕方をします。今はまだ「弟のお姉さん」を無理強いせずに、彼女が納得のいく方法で「お姉さん」になれるように。少しひねくれた終わり方かもしれませんが、きっと多くの上の子の気持ちに寄り添ってくれるでしょう。「がんばって良いお兄さん・お姉さんにならなくていいんだよ」と教えてくれるすてきな物語です。それが当時の私に無意識のうちに伝わり、今でも大好きな作品になったのだと思うのです。

 最近、きょうだいが生まれて上の子になったお兄さん・お姉さん。幼い頃から弟や妹がいるお兄さん・お姉さん。そしてそんなお子さんを持つお父さん・お母さん。多くの方におすすめしたい一冊です。たくさん笑ってちょっぴり泣いて、きっと前向きな気持ちになれますよ。

(スタッフJ・S)

ごきげんなすてご : いとうひろし
いとう ひろし/ 作・絵
徳間書店

三ヵ月まえ、弟がやってきた。弟の顔はおさるだった。でもお母さんは弟ばかりかわいがる。それならいいよ、あたしはすてごになって、すてきなおうちにもらわれるから…。家出した女の子が、「すてご仲間」になった犬、ねこ、かめといっしょに大活躍! 小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの心をきゅっとつかんだ、人気の幼年童話です。

対象年齢 : 小学初級から
1,300円 + 税 購入する
この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索