第28回「平和がいいねぇ〜」

この辺りは個性的なお店の宝庫なんです!

メルヘンハウスから徒歩10分〜15分圏内って、結構個性的で面白い店がたくさんあります。オーガニックカフェの空色曲玉さんもそんなお店のひとつです。

あれは昨年末、メルヘンハウス店内がクリスマス前後で結構賑わっている最中、オーナーの谷さんが来てくれました。「今度こんな展示をするんです」と頂いたのが、「平和がいいねぇ〜」展のDM。出品者の顔ぶれを見ると田島征三さんの名前も。過去の丈太郎日記でも触れていますが、昨年は僕の中での征三さんブームだったので、こんなご近所さんで征三さんの作品がまた観れる!とちょっと興奮しました。聞けば谷さんも征三フリーク(勝手に呼んでます)のようで、今回の展示に征三さんの本を置きたいとのこと。もちろん、即答でOKしました。

0161-768x1024平和がいいねぇ〜

年が明けて征三さんの本をお届けついでに観てきました、「平和がいいねぇ〜」展。これが思いのほか(失礼)バラエティに富んでいて楽しいのです。何がって、この展示は何人もの作家が出品している、言わばグループ展のような展示なのですが、プロアマ問わず、年齢問わず、作風問わず、大きさ問わず、要するに何も制約のない展示が壁一面にしてあるのです。

全ての作品が販売されており、値段もさまざま。小学生の女の子が画用紙に描いた絵は1000円でした。もちろん好みもあるので、全ての作品が良いなぁなんて偽善的なことは思いませんが、共通のキーワードとして「平和」があるので、その捉え方もとても面白いわけです。ある作家さんは、空色曲玉さんで提供されるランチプレート(基本野菜中心のベジタリアン料理でこれがメチャ美味しい!)を画面いっぱいに描かれていました。「食べることが出来る幸せ、それが平和」ということらしいです。この展示は2月7日(土)まで開催とのこと。美味しいご飯を食べながら展示を堪能するのはいかがでしょう?

別の本屋でも本は買うし楽しいです!

「平和」で思い出しましたが、これまた近所にある老舗書店のちくさ正文館本店にて最近、『街場の戦争論』(ミシマ社)を購入しました。本当は昨年の衆議院総選挙の前に読みたかったのですが、読む機会を逃してました。今を生きる僕らが何を考えなくてはいけないのか?そして、どのように行動しなくてはいけないのか?そんなことを考えるヒントになる本だと思い、読む前からとても楽しみにしています。

「本屋さんが他の本屋さんで本買うんだね〜」なんて思われる方もいらっしゃるかも知れませんが結構買います。特にちくさ正文館本店は行ったことがある人はわかると思いますが、店長の古田さんゾーンが本当に面白い!雑誌なども扱う一般書店であるにも関わらず、古田さんゾーンだけがもう独立した古田書店のようです。芸術書をはじめ、哲学書や詩集や批評やらどれも魅力的なものばかりです。

メルヘンハウスに来てくれるお客さんのなかでも、「メルヘンハウスに置いてあるなら間違いない」と言う方がいます。とても嬉しい言葉です。メルヘンハウスを信頼してくれている。つまりは、最終的に本を購入してくれるわけですが、もっと大袈裟に言えば「メルヘンハウスの選んだ本を購入する」ってことなんだと最近とても実感しています。それは42年間、父親がつくってきたメルヘンハウスの財産なのだと思います。古田さんゾーンも同じようなことで、古田さんのセレクトした本を購入するってことなんだと思います。

あえて ここで本を買う理由って?

本はどこでも買える。ネットでも注文すれば次の日には届く。メルヘンハウスに置いてある本も全国どこでも買えます。もっと言えば世界中どこからでも買える。メルヘンハウスだけでしか買えないものは、たまにあるサイン本ぐらいでしょう。僕らは、「僕らから買いたい」と思ってもらえるような店作りが必要だと思ってます。42年の歴史の上にふんぞり返ってあぐらをかいているのでなく、もっともっと、来てくれたみなさんと本を通したコミュニケーションをしたい。そんな風に思ってます。

時にはお客さんから本を教えてもらうこともあります。専門店に勤めている身としては情けないことだと思います。でも、次にそのお客さんにお会いしたときには必ず本の感想を言えるように読みます。僕らスタッフもお客さんに育ててもらっているんだと思います。まずは1人でも多くのお客さんに来てもらえるような努力と魅力を、ガシガシ磨いていかないとイカンです。やるぞ〜!

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴38年、メルヘンハウス歴0.5年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索