第31回「ご近所さん」

シマウマ書房ちくさ店がオープン!

先日、シマウマ書房がメルヘンハウスのご近所にちくさ店をオープンしました。名古屋の本山というところにお店はあるのですが、なんと!ちくさ正文館という書店の2Fにオープンしたのです。

シマウマ書房の存在は昔から知っていて、本山のお店には何度か行ったことはあるのですが、店主の鈴木さんにお会いするのは実ははじめてでした。昨秋、メルヘンハウスもチリンとドロンのコンサートいわいとしおさんのワークショップで参加した、『本』がキーワードの街のイベント「ブックマークナゴヤ」の実行委員の1人でもある鈴木さん、本来ならもっと早くにご挨拶をしておかなければならなかったのですが、なかなかタイミングが合わず、ちくさ店のオープン初日にやっと挨拶です。

場所はちくさ正文館の2F

場所はちくさ正文館の2F

千種界隈ではオープン前から話題に。

昨年末あたりから「シマウマ書房ができるらしいよ〜!」とか、これまた最近お会いしたちくさ正文館の古田さんから「シマウマ書房の鈴木はなかなかの奴で、良い本仕入れてるから、空いてる2Fで店やるんだよ〜。」とか、この千種界隈で話題になっていたこともあり、このオープンの日をとっても楽しみにしていたのでした。

オープンが日曜日ということもあり、メルヘンハウスは朝から大賑わい!15時からのおはなし会もたくさんの子どもたちと一緒に楽しみ、その後も子どもたちとヤンヤヤンヤとやっていたら、気付くともう夕方。ちょっと落ち着いてきたところで、暗くなった千種の街を小走りで向かいました。

夕闇のなかの明るい窓、その正体はシマウマ書房

夕闇のなかの明るい窓、その正体はシマウマ書房

本屋の中に本屋が出来る!

ちょっとドキドキ、かなりワクワクしながら階段を上ると、そこにはちくさ正文館とは違う本屋の景色がありました。あっ、言い忘れていましたが、シマウマ書房は古書店です。本はもちろん古書で、棚の雰囲気もちくさ正文館とは違うので、同じ店舗のなかでも、全く別の書店として成立していました。

鈴木さんと「はじめまして!」とやっとのご挨拶。お互いに会ったことはなくとも、お互いの情報も様々なところから聞いているので、話が早いのです。

前にも書きましたが、自分が勤めているところは本屋ですが、他の本屋さんにも行きますし買いもします。そして、何よりも本屋さんは楽しい!それは本屋に限らずですが、何かオリジナリティが強い店は面白い!鈴木さんと色々話ながら、本を物色。あれやこれやと悩んで悩んで、メルヘンハウスに戻ることも忘れ、堀内誠一の『堀内誠一の空とぶ絨毯』と河合隼雄と吉本ばななの『なるほどの対話』を悩み、今回は後者を購入。我ながら、いずれも子どもの本専門店に勤めている人間らしいセレクトをしたものだとちょっとだけ自己陶酔。

ちくさ正文館のドアにある看板

ちくさ正文館のドアにある看板

シマウマ書房、ちくさ正文館、いずれもお昼休みに行きたいお店ですが!シマウマ書房は14時オープンなので、行かれる方はご注意を!

それぞれの色があるからこその

ちくさ正文館の古田さんもそうですが、同じ書店なのに挨拶して「何か千種界隈で一緒に面白いことしましょう!」なんていえるのは、僕は普通にしてきたけど、実際はとっても珍しいことだと思います。だって、同じ書店の商売敵ですから。でもそうはならない、何故?それはどの書店もオリジナリティのある独立系書店であるから。これが大手チェーンの書店がこの千種界隈に3つできました!しかも、そのうち1つはライバル店の2Fに!なんてことは絶対にあり得ません。

今度は外から見よう!

今度は外から見よう!

それぞれの個性があり、それぞれ尊重し合えるのはとっても素晴らしいなぁと思います。ちくさ正文館の古田さんは児童書のことを聞かれると、メルヘンハウスを紹介してくれるそうです。僕も千種で他におススメの店は?と聞かれたら今までちくさ正文館を紹介していました。そして、これからはシマウマ書房ちくさ店も一緒に紹介するでしょう。

なんだか千種界隈面白そうでしょう?今年はメルヘンハウスでも月に1度のペースで色々と企画をしているので、とっても楽しい年になる予感しかしていないのです。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴38年、メルヘンハウス歴0.5年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事
  • メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    2018年3月31日、メルヘンハウスは45年と5日の長きにわたる書店活動を閉めることとなりました。 「一人でも多くの子どもに読書の喜びを」をスローガンに、国内初の子どもの本専門店として立ちあげま...
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    photo by MIKI Yoshihito 自分の子どもへの読み聞かせはもちろん、小学校のボランティアや町内の子ども会など、意外と機会があるのが、低学年の子どもへの読み聞かせです。 でも、...
  • 絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    「絵本読んで!」 子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵...
  • 泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    あなたは、どんな時に感動したり、泣いたりしますか? 映画で思わず泣いてしまったという人は多いかもしれませんが、絵本でも泣ける内容の感動的なストーリーがたくさんあります。 この記事では、子どもだ...
こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索