第38回「ないものねだりかもしれませんが・・・」

出張本屋さんもやるんです!

つい先日、休日返上して新城市の作手にある、新城市立作手小学校にいってきました。朝5時30分起床、6時30分にメルヘンハウス出発!とても天気が良く山々がキレイ見えて、そして、朝陽をたくさん浴びながらの2時間ほど、車には本を300〜400冊ほど載せてのドライブです。一体何をしに?それは「バースデー本を探す会」のためのドライブだったのです。

「バースデー本を探す会」とは、もう10年以上も前から続いている恒例行事で、作手小学校に通う子どもたちが、来年度の自分の誕生日にプレゼントされる本を事前に探す(選ぶ)という、なんともステキな会なのです。

自分の1冊を探す。

学校に到着して早速、体育館に本を並べます。まだ会ったことのない子どもたちは一体どんな子どもたちだろう?なんて想像してドキドキしながら、そしてワクワクもしながらの作業です。本が並べ終わったら束の間の休憩。校長室にて校長先生に色々と話を聞きます。考えてみれば僕が小学生の頃は校長室に入るなどとんでもないことで、今こうやって来賓のような扱いで校長室で校長先生とお茶を飲むなど想像もしていませんでした。色々と話は弾み、話題が尽きる事がありませんでしたが、さあ、お待ちかねの「バースデー本を探す会」のはじまりです。

体育館に戻ると50名ほどの子どもたちがジャージ姿で体操座りして待っていてくれました。最初に父と僕とで読み聞かせ。僕は『おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん』(BL出版)を必死に読み(何故必死かは、この本を読んだ事がある方はおわかりだと思いますが・・・)、子どもたちは大笑い!この反応の良さを一言でいうと、「純粋」、「素直」なんて言葉が適切。僕に対しての警戒心は全くなく、本を楽しもう!その場を楽しもう!という雰囲気がとても伝わってきます。

読み聞かせが終わったら、いよいよ本を探す時間です。「本を丁寧に扱ってください」、「走らないでください」、「本が決まったら先生に報告してください」などなど、いくつかの注意事項を代表の子どもが言い終えると、子どもたちはワーッ!と本に一目散。もちろん、走りたい気持ちを抑えて、少し早歩きぐらいになっています。

本を選ぶ姿も子どもたちによって様々。1人で黙々と本を読む子、友達と一緒にワイワイしながら本を読み合う子、先生に相談しながら選ぶ子、自分の本はすぐに選んで、後は友達の本選びに協力する子、本当に様々。そんな光景の中に僕も混じって子どもたちに声をかけます。

「面白い本あった?」
「どんな本が好き?」

そうすると、子どもたちは僕の想像をはるかに超える反応を示してくれました。

「面白い本たくさんあったよ!」
「この本知ってる?イカがね・・・」
「あの本は去年もらって、今年はどうしよう?」

なんて、今日はじめて会った子どもたちとは思えないフレンドリーさ。もうこのやり取りだけで胸がいっぱいになる今年40歳の男。

「おじさん!」

なんて呼ばれても、普段は少しムッとするけれど、今日は「どうしたの〜?」なんて、ニコニコです。みんなカワイイ子どもたち、あぁ〜幸せ〜!

この光景よ、永遠に。

会が終わったあと校長室で給食を食べながら、校長先生と子どもたちとのやり取りを話していると、作手ならではの子どもたちのフレンドリーさであったり、50人ほどの子どもたちが皆家族のような付き合いになっていることなどを聞いて、都会育ちの僕にとっては大変羨ましいことばかりでした。地域というコミュニティで、子どもも大人も顔見知りで、みんなで一緒に生活をしている。もちろん、決して良い事ばかりでもなく、小さなコミュニティ故の問題もあるようですが、この自然溢れるなかで、のびのびと生きている子どもたちに大きなパワーをもらいました。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴38年、メルヘンハウス歴0.5年のかなり遅れてきたルーキー。

 

 

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん : 長谷川義史
長谷川義史 / 作
BL出版

「おじいちゃんのおじいちゃんはどんな人?」「そのおじいちゃんは?そのまたおじいちゃんは?またまたそのおじいちゃんは?…」。ついにはサルの時代まで行ってしまうという楽しいナンセンス絵本です。

対象年齢 : 5才ぐらいから
1,400円 + 税 購入する
この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索