絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ

絵本ライフ

「絵本読んで!」

子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。
ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵本を読み聞かせするのって意外と大変・・・。

でも、絵本の読み聞かせは是非続けてください。この絵本の読み聞かせ、実は子どもにとって、とても大事な効果があるんです。日本で最初の子どもの本専門店である私たち、メルヘンハウスだからこそお教えできる、絵本の読み聞かせの効果とコツについて書きました。

これを読んで、より良い絵本の読み聞かせライフを送りましょう。

1. 絵本の読み聞かせは教育のため?

student-hat

「絵本の読み聞かせが子どものために良い」という話はよく聞きますが、どんな効果があるのでしょうか?

言葉を覚える?
感情が豊かになる?

もちろん、そうした効果もあります。しかし、絵本の読み聞かせで一番大切なこと。それは「子どもと同じ世界を共有できる」ことなんです。

子どもと一緒に、絵本の持つ世界観、そこから生まれる感情や互いのぬくもり…絵本とは、子どもと一緒になって様々な価値観を共有することができるコミュニケーションの道具です。

「子どもの教育のための読み聞かせ」という気持ちはいったん置いておきましょう。
何よりもまずは、子どもと一緒に絵本の世界を楽しむこと。これが「絵本の読み聞かせ」であり、その結果、子どもの世界が広がり、成長していくのです。

あるお母さんのお話

当店にお越しくださったあるお母様のお話をご紹介します。

その方は、お子様にせがまれて当店にいらっしゃいましたが、ある棚の前で「あ!」と店内に響き渡るほど大きな声をあげられました。その場にいたスタッフがお声をおかけしたところ、「この本知ってる!」と大変驚かれていました。

その絵本はもちろん、有名な作品ではありましたが、その方はこう続けられました。

「お母さんや保育園の先生に、この絵本を何度も何度も読んでもらったことを、突然思い出したんです。どうしてだろう、今まで忘れていたのに…。」

つまり、そのお母さんは偶然目に入った絵本をきっかけに、幼いころ、その絵本を読み聞かせしてもらった幸せな記憶が突然よみがえったそうです。

あなたの子どもも、あなたが頑張って絵本を読み聞かせしてくれたことを、忘れてしまう日が来るかもしれません。しかし、あなたと一緒に楽しんだ絵本の世界は、子どもの心の奥にしっかりと根付いているはずです。

2. 絵本の読み聞かせのコツ

続いて、実際の絵本の選び方や、読み聞かせのコツをご紹介していきたいと思います。
「どうやって絵本を選べばよいのか分からない、読み聞かせのコツが知りたい」
これらは、お店でも良く聞かれる質問です。

2.1. 絵本の選び方

たくさんある絵本の中から、読み聞かせにピッタリの絵本を探すのは難しそうですよね。そこで、絵本選びの”コツ”をお教えします。

大人は意味がさっぱりな絵本でも、子どもは大喜び

意味がさっぱり分からない絵本に、子どもが大喜びする。こうした光景に驚かれるご両親が多いそうです。まずは「子どもの絵本の楽しみ方」が、大人とは全然違うということを理解することが大事です。

たとえば、谷川俊太郎 / 元永定正作の「もこもこもこ 」という作品があります。この絵本、初めて読んだほとんどの大人は意味が分からず、「え?」という顔をします。しかし、子どもは大喜び!何度も読んで!とせがむ子も多いんだそうです。※ブックッククラブ1~2才児(Bコース)配本

もこもこもこ

こうした絵本は、子どもにはとても喜ばれるのですが、大人には理解されない為、実はあまり売れません。(なので、書店などの人気ランキングにも出てくることもほとんどありません。)

それにしても、こうなると絵本選びはいよいよ難しくなってきました。自分ではどんな絵本を喜んでくれるのか、なかなか見当がつかない。だからといって片っ端から絵本を買うわけにもいかないし・・・そんな方におすすめの方法があります。

図書館を活用しよう

図書館

絵本選びには図書館が大活躍。Photo by Wikipedia

 

近くの図書館に出かけて、子どもが喜ぶ絵本を探しましょう。絵本は、大人が読む本と比較しても意外と高額ですが、無料で借りることができる図書館であれば、ジャンルを気にせず、子どもの喜ぶ絵本を自由に試すことができます。

「え?絵本屋さんがそんなこと言って良いんですか?」

良いんです。子どもは、気に入った絵本があると、そのうち何度も「読んでほしい」「買ってほしい」と訴えてきます。そうしたら、ぜひ買ってあげてください。

「もう図書館で何度も読んだのに?」

そう思われて当然です。実際に、当店のスタッフも、たくさんのお子様に接するまでは、そのように考えている者がたくさんいます。しかし、一度読んでしまったら二度と読まないことも多い大人の本と違い、子どもはその絵本の世界に何度も何度も引き込まれるんです。そして読むたびに、自分の中に醸成された世界観を深め、読むたびに、違う世界を楽しんでいるのです。当店のお客様で、1冊の絵本を4年半にわたって読み聞かせしたという方もいらっしゃいます。

大人が読ませたい絵本 vs. 子どもが読みたい絵本

当店でもよくあるのが、「同じような絵本をいくつも持ってるでしょう!」「やだ!これが良いんだもん!」という親子のバトルです。(笑)

やはりどうしても、お子様とご両親では欲しい絵本、読んでほしい絵本にギャップが生まれます。例えば、乗り物の好きなお子様の場合、電車やクルマが登場する絵本ばかり欲しがる、といったところです。ただ、ご両親の「他のジャンルの絵本も幅広く読んで欲しい」という気持ちも良く分かります。

そんな時、当店では、「交互に買うというルールを作られてはどうですか?」とおすすめしています。

「今回は、○○の欲しい絵本を買ってあげるから、次はお母さんがオススメする絵本を読んでみようね」とルールを作るのです。

前述の通り、子どもは絵本を大人とは違う感覚で楽しみます。頭ごなしに読む絵本を大人が選ぶのではなく、楽しく絵本選びができるように工夫することも大切です。

2.2. 絵本の読み方

さて、絵本の選び方の次は、読み聞かせのコツです。

読み聞かせは膝の上で

yomikikase-illust

あなたはどんな体制で子どもに読み聞かせをしていますか?
意外と多いのが、対面に座って、紙芝居のように絵本を読み聞かせしているケースだそうです。

しかし、読み聞かせは膝(ひざ)の上でするのがおすすめです。

既にお伝えしている通り、絵本を読み聞かせるということは、「子どもと世界を共有する」ということです。子どもの体温、鼓動、絵本から受けた感情、驚き、息をのむ瞬間… 子どもの背中から自分のお腹にダイレクトに伝わります。 
絵本を読むナレーターとしての役割ではなく、子どもと同じ立場で絵本を読むというスタンスが大事です。

表情をしっかりと確認しながら読み聞かせをする

子どもに絵本の読み聞かせをしてあげても、反応が少なくて不安になる… こう打ち明けられるご両親が意外と多いそうです。

そんな時は、じっくりと子どもの表情を確認してみてください。食い入るように見つめているのであれば、それは反応する間もないほど集中しているということなので、ご安心ください。(逆に、子どもがその絵本に興味がない場合、なかなかじっと我慢するということはできませんよね。)

自分も楽しむこと

最後に、読み聞かせの最も大事なポイント、それは「絵本の読み聞かせを、自分も楽しむこと」です。

絵本が上手に読めることも、もちろん重要なのですが、「子どもと世界を共有する」ことの方が大切です。そして、子どもはとても敏感です。たとえ自覚していなかったとしても、あなたが絵本を楽しもうとする気持ちはきっと子どもに伝わります。テクニックだけではなく、ハートが大事なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?絵本の選び方から読み聞かせのコツまで、一通りまとめてみました。

子どもが成長するのはあっという間です。意外と大変な読み聞かせかもしれませんが、この時間もきっとあっという間に過ぎてしまうと思います。読み聞かせの効果とコツをしっかりと意識しながら、ぜひ素敵な読み聞かせの時間を過ごしてください。

ogp画像修正

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • こいのぼり
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊

    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌じゃありませんか? こどもの日…

  • dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s
    入園・入学おめでとう!おすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスです。 子どもたちのなかには、卒園式や卒業式を終えて、新たな生活のはじまりの準備をしている子もいることでしょう。楽しみでワクワクしながらも、少し不安でドキドキしている子どもたちをメルへンハウスは…

  • 5c57951dd95616798b4b0b9b875f9fca_s
    5歳におすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 絵本の楽しみを知った子どもたちは、5歳ぐらいになるとページや文字のボリュームが多い絵本でも、気にすることなく楽しむことができるようになります。そして、いずれは絵本から幼年童話…

  • 3818cdb4b49b27a5d7eb1a2c07951f75_s
    4歳におすすめの絵本10冊

    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。

  • c715bb582a4cc4807884a2592b0c951e_s
    赤ちゃんと一緒に楽しむ絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 メルヘンハウスには、「赤ちゃんと一緒に絵本を楽しみたい!」という新米ママやパパが多くいらっしゃいます。実は僕も新米パパの1人です。毎日、朝と夜に3冊ずつ絵本を読むのですが、本…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索