第45回「春がきた!前のめり宣言!」

春がきた?

今日(3/17)はとっても暖かいのです!それだけで嬉しい!それだけで楽しい!暖かいってのは自然にテンションがあがるのです。

テンションがあがるってことは、思考がポジティブにもなります。思考がポジティブになるってことは、なんだかウズウズし1カ所に留まっていることができない、どこかワーッ!っていう衝動にかられます。

メルヘンハウスに入って約1年になりました!

僕の今までの人生は、そんな衝動そのままにやってきたことが多数。高校は埼玉にある自由の森学園へ。名前の通り自由な校風のなかで揉まれあがいて、今の僕の基本的な人間形成がされました。
大学は「沖縄に住みたい!」って理由だけで、沖縄大学へ。抜群のロケーション、美味しい食べ物、独特なカルチャー、心底優しい友達、そんな最高ななかで根本的な「生」を考えました。
それからは「音楽で食べてみたい!」と思い東京へ。様々なアルバイト、派遣社員などをしつつ、様々な人とセッションしたり、ライブやったり、レコーディングしたりして、「ライフワークってなんだろう?」と意識したりしました。

つまりは自由に勝手にやってきたのです。そんな僕もメルヘンハウスに入社して、もうすぐ1年が経とうとしています。

衝動エピソード1から2へ

メルヘンハウスに入社した時点で僕にとっての衝動は終了しました。では、これからは大人しく粛々と生きて行くのか?それは無理です。終了というのは、衝動エピソード1であり、メルヘンハウスでは衝動エピソード2が既にじわじわと始まっていたりするのです。衝動エピソード1は「場所」の衝動であり、エピソード2は「行い」なのです。

そんなエピソード2、メルヘンハウスというベーシック上で何をするか?メルヘンハウスはどんな場所なのか?誰の場所なのか?そんな事を日頃から考えて衝動を形にしていかなければなりません。ひとつだけ答えが出ているとしたら、メルヘンハウスのキーワードは「子ども」。これを考えることなく衝動に走ることはできません。

アイディアは色んなときに浮かびます。歩いている時、料理するとき、掃除するとき、はたまたレジ打ちをしているときなど、そんなときはメモをするようにしていますが、メモを取る事が出来ず忘れてしまったナイスアイディアも数知れず。
そして、重要なのはそのアイディアを実現するために助けてくれる人々。それは友人であり、仕事仲間であり、メルヘンハウスのスタッフであり、結局は僕1人で出来ることではないので、みんなで衝動を共有できるか?となります。

すすめや すすめ どこまでも

今のところ、その衝動に協力してくれるのでとても嬉しいです。そして、その先にはちゃんと子どもたちがいて楽しんでくれている。この1年はそんな1年でした。ではこれからは?その輪をもっと広げていきたいと考えてます。そこは欲張りにやりたいのです。10人の子どもたちを喜ばせることが今出来るのであれば、20人にしたいし、100人にしたい。メルヘンハウスという枠からはみ出して、同じような思いがリンクするたちと色んな衝動を共有したいと思います。

なんで、いきなりこんなことを書き出したのか?今日はなんだか毎日見ているこの色紙が、普段より一段と目に入り、カラダ全身をドバーっと巡ったのです。image5

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴38年、メルヘンハウス歴0.5年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索