第47回「中垣ゆたかっていう人知ってます?」

嗚呼、ボローニャ、ボロネーゼ、ボローニャハム

児童書の世界は狭い!それは、出版社も書店もそんなに数が多いわけでなく、どこもがライバルであるにも関わらず、みんなで協力して業界自体をワッショイ!盛り上げようという風潮に溢れています。みなさん、しっかりと真剣に仕事をされているので、このような言い方をすると誤解を招く恐れが大きいのですが、なんだか部活動のように感じるときがあります。

僕はメルヘンハウスに入って1年。その前は1年間、東京にある某児童書出版社で勉強をさせていただきました。あっ、去年の今頃は、ボローニャ国際児童図書展にも連れていってもらったなぁなどと、これを書きながらボローニャの斜塔から見た景色が頭のなかに浮かびます。

共通項は80’sカルチャー

そんな貴重な1年の間に、お会いすることができた作家さんは数多く、その中でも仲良くしてもらったのが同年代の中垣ゆたかさんです。編集者も同年代で、しかも3人とも80’sカルチャーが大好きで、書店でフェアをやったときの挨拶まわりなどは、とても楽しい思い出ばかりです(しっかりと仕事もしました!)。

中垣さんから何か届いた!

中垣さんから何か届いた!

中垣さんは見た目がとても細くヒョロヒョロな出立ち。大体スウェットのパーカーかアメコミのキャラが描かれたTシャツを着て、下はGパン、そして必ずと言っていいほど、ベロがグニョ〜と出たワッペン(ローリングストーンズ)がついているニット帽を被っているパンクなお兄さん風です。とても礼儀正しく、腰が低く、待ち合わせ場所には基本先乗りの中垣さん。いつも深々と頭をさげて挨拶されます。プライベートでは、ヴィレッジヴァンガード下北沢店の名物店員の長谷川さんなども交えて、静岡おでんを食べにいったこともありました。

中には手紙が!

中には手紙が!

そんな中垣さんの描く絵本はとにかく細かい!「これ一体何人描いたのよ?」と思うぐらい大勢の人が本に登場します。中垣さんの描くポップ感たっぷりの世界が大好きで、出版社にいる頃は色々とフェアを仕掛けました。

「若い世代の人たちが、絵本に触れるキッカケになる!」

中垣さんの絵本には、そんな可能性を感じています。もちろん、子どもたちもその細かい描写を自分なりに楽しむことはできますが、まずは若い世代に届けたいな!と思いました。

そして、マスキングテープ!

そして、マスキングテープ!

子どもたちの手に絵本を届けるために

絵本というのは、世間ではやっぱりどこか「子どものためのもの」という認識が強いようです。もちろん、子どもに楽しんでもらうために書かれている絵本がほとんどです。しかし、最近の絵本は「子ども」に向いているものだけでなく、大人も楽しめる、もっと言えば大人じゃないと楽しめない絵本もでています。メルヘンハウスにもそのような大人が楽しむ絵本をたくさん置いています。

「子どもの本専門店なのに大人が楽しむような絵本を置くなんて・・・」と、思う方もいるでしょうが、大人が絵本を楽しむようになることは、最終的に子どもたちの手に絵本が届くってことだと思います。いずれ親となる若い世代に絵本を届けること。それも私たちの大切な仕事なのです。

中垣ゆたかイズムは、行動力と瞬発力

話は戻り中垣さん。いつも何かしらのグッズを作ると送ってくれます。去年はコップを。そして、最近届いたのは「ぎょうれつマスキングテープ」!実は去年から「マスキングテープなんていいかもねぇ」なんて話をしていたのが実現しちゃった!という感じなのです。

しかし、封をしてあるマスキングテープは別物というツメの甘さ!

しかし、封をしてあるマスキングテープは別物というツメの甘さ!

僕が中垣さんを尊敬するのは、その行動力と瞬発力!そして、それにまつわる失敗エピソードの数々。D.I.Y精神に溢れ、人間味に溢れたパンクお兄さん。近い将来、メルヘンハウス2Fギャラリーでも「中垣ゆたかの描く世界」展をやりたいと思っているのであります。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

 

ぎょうれつ : 中垣 ゆたか
中垣 ゆたか / 作
偕成社

あれ、なんのぎょうれつ? 並んでみたら思っていたよりもずっと長かった!細かく書きこまれたたくさんのおもしろい人たちのぎょうれつを楽しむ絵本。

対象年齢 : 5才ぐらいから
1,200円 + 税 購入する
この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索