第51回「すてきな仲間たち」 

離れてみて、しみじみ寂しい。

各地でお花見がされているようですね。昨年のお花見は、名古屋に戻る直前に高校の同級生を中心とした友達たちと綱島温泉でやりました。まぁ、毎度のことですが、お花見という名の飲み会ってとこです(ちなみに僕はお酒が飲めません)。

高校時代の友達はもの凄く結束が高く、毎月誰かの誕生会をやったり、新年会、忘年会など、何かと理由を作って毎回15〜20名は必ず参加しています。40才を前にしてこれだけの集まりが出来るのも珍しいとも思いますが、僕らにとっては恒例行事なので、当然のように続いています。

今年は名古屋にいるので参加できませんでしたが、今年もお花見は開催されたようで、LINEでの怒濤のやり取りや写真の共有など、朝目覚めてから携帯をチェックすると、50件を超える未読のメッセージがあがっていたりします。

未読のメッセージを開いて、写真でみんなの顔を見ると、とっても嬉しいのと、その反面とっても寂しいのと、気持ちがグチャグチャになります。ここのところ5年以上はみんなで毎月集まっていたので、それが去年から参加出来なくなり、今年40才となる男がいう台詞ではないのですが、とっても寂しい。

名古屋でも少しずつ友達と呼べる人たちが出来てきたりしていますが、高校から20年以上の付き合いを簡単にヒョイッと飛び越えることは出来ません。これだけ寂しくなる友達を持てたことって、すごく幸せだなぁなんて思います。

仲間ってなんだ?いいものだ!

なんで、こんなことをツラツラと書いているのか?僕はこの日記をレジで書いているのですが、パソコンの画面からちょっと顔をあげると「すてきな仲間たち」という看板が目に入るのです。そう、メルヘンハウスの4月のブックメニューです。スタッフが内職のように、日々の仕事の合間をぬって毎月作ってくれています

この1年で仲間(友達)って本当にいいものだなぁと思い知りました。今までも何かある度に思っていましたが、こんなに強い思いははじめてでした。おそらく、いつでも会える友達が近くにいて、そのありがたさが麻痺していたのだと思います。離れてみてわかるありがたさ。離れてみないとわからない愚かさを痛感します。

しかし、さきほども書きましたが、ホームであってアウェーの名古屋でも新しい出会いにワクワクすることが日々増えてきました。今日もそんな出会いがありました。モビールを作っているマニュモビールズさんです。実は前々からその存在は知っていて、何か一緒に出来ないかなぁと妄想していたのですが、メルヘンハウスから近いスタジオマノマノさんが間を取り持ってくれました。

何かはじまる時は勢いとタイミングを見逃すな!

そして、あーだこーだ話しているうちに色々な偶然が重なり、来月あたりに面白いことが起こりそうです!そうやって盛り上がっていると、以前より絵本のコミュニティみたいな集まりは出来ないものか?と、ものすごい情熱をもった方が再度訪ねてきてくれて、これまた偶然にもマニュモビールズさんと仲良かったり、スタジオマノマノさんにも何度も行ったことがあったり、ほんの数時間でグル〜ッと輪が繋がっていくさまは圧巻でした。

そう、これから何かがはじまる、すてきな仲間たちに出会えたかもしれないと興奮したわけです!東京の仲間たち、そんなこんなで僕は名古屋で元気にやってます!

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

 

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索