子どもたちは、階段が大好き!

大人にとって階段を上るというのは、ちょっぴりしんどくて、おっくうになることもありますが、メルヘンハウスに来てくれる子どもたちは皆、お店に入ってすぐ目の前にある階段をのぼりたがります。

よちよち歩きの小さな子どもたちにとっては、階段そのものが面白い遊具。のぼって、おりて、のぼって、おりて……ただそれだけで楽しそうです。階段のいちばん下の段は、子どもたちにとって格好の椅子。新刊コーナーの本を手に取って、腰かけてじっくり読みふける姿も、ちらほら見受けられます。

階段の先には・・・

階段の先には・・・

2階はギャラリー・スペースになっていて、作家さんの作品や絵本の原画を展示したり、ワークショップやミニコンサートをしたりと、大勢の方のご協力とご参加をいただいて、様々な企画を展開しています。

「上には何があるんだろう?」
「どんな風になってるんだろう?」
「今日は何か面白いことやってるかな?」

ナンダ!アレは!

ナンダ!アレは!

そんなワクワクするような気持ちを、子どもたちだけではなく、来店されるすべての方に感じてもらえるように、2階ギャラリーを魅力的な空間にしていきたいなあと、いつも思っています。

スタッフ 二宮

※現在2Fギャラリーでは、ザ・キャビンカンパニーの『ハテナはかせの へんてこいきものずかん』(偕成社)の原画展を開催中です。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 『あめ』
ピーター・スピアー/作
評論社
    絵を読む術は子どもにはかないません!

    少し前の話になりますが、こんな絵本を探している子がいました。 「男の子のパンツがずり落ちて、おしりが見えちゃうお話」 質問の主は4才くらいの女の子。前に図書館で読んで気に入ったというその絵本を、さっそくスタッフみんなで知…

  • 006
    お客さんとの本選び

    先日、来店された年配の男性のお客様に声をかけられました。お顔に見覚えのある方でした。そのお客様がおっしゃるには、「この前、あなたに選んでもらった本を孫に読ませたら、とても面白かったと喜んでいた。孫から、この本を選んだ店員…

  • 004
    おはなし会で読む本は決めていません。何故なら・・・

    毎週、土曜日と日曜日の15時から行っている「おはなし会」。いつも、たくさんの子どもたちで賑わっています。 「今日は何の絵本を読むんですか?」 こんなお問い合わせをいただくことがあります。 ですが、前もって読む本を決めてい…

  • 002
    おばけだ~いすき!!

    「おばけの出てくる本はありますか?」今日も耳にした、子どもたちからの質問です。やんちゃな男の子からまだ小さい女の子まで、いろんな子がおばけの本を探しに来ます。 実は怖さにはグレードがあるのです。まずはかわいくておちゃめな…

  • 002
    できるだけたくさん言葉をかわしたい

    朝、お店の入口のあたりをそうじしていると、近くの幼稚園へ通う子どもとお母さんたちが、何組も目の前を通ります。「おはようございます」と声をかけると、皆さんにこやかに「おはようございます」と返してくれます。お店によく立ち寄っ…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索