スタッフの この本読んで!-自分自身を見つめ直すきっかけをくれる絵本-

  昨年、念願かなって、レオ=レオニの展覧会を見に行くことができました。彼がお孫さんのために初めて創った絵本『あおくんときいろちゃん』や、小学校の教科書にも載っている『スイミー』は、ご存知のかたも多いと思います。そんな彼の創った数多くの絵本の中でも、特に私が好きな作品は、『アレクサンダとぜんまいねずみ』です。

 人間の家で、いつも危険と隣り合わせの中、こっそりと暮らすねずみのアレクサンダは、ぜんまい仕掛けのおもちゃのねずみ・ウィリーと出会います。持ち主の女の子に可愛がられて、ふかふかのベッドで眠るウィリー。そんなウィリーをうらやむアレクサンダは、ウィリーから、生きものを他の生きものに変える力を持つ「魔法のとかげ」の話を聞き、会いに行きます。自分をおもちゃに変えて欲しいと思ったアレクサンダは、願いをかなえてもらうために、「魔法のとかげ」に言われた紫の小石を一生懸命探します。しかし、持ち主に飽きられたウィリーの窮状を知り、アレクサンダが最後に出した答えは……?

   レオ=レオニの絵本は、人生に関する深いメッセージが込められた、哲学的な作品が多いように思います。その中でも私は、この『アレクサンダとぜんまいねずみ』には、友情という身近なテーマで、誰の心にもすーっと入ってくるような親しみやすさを感じます。谷川俊太郎さんのわかりやすくてテンポのよい訳文は、読む人をどんどん物語の世界に引き込んでくれます。読み進むにつれて、友達を思うアレクサンダの行動に共感し、ハッピーエンドに胸が温かくなります。それでいてこの絵本は、これから大勢の人と出会い、様々なことを経験する子どもたちはもちろん、人生の後半に突入した私にとっても、「自分はどうありたいのか」「本当の幸せとは何か」と自分自身に問いかけ、見つめ直すきっかけをくれる、そんな絵本なのです。

   この展覧会で私は、レオ=レオニの創り出した美しい芸術の世界に、たっぷりと浸ることができました。なかでも、多くの絵本の原画にコラージュ(貼り絵)として使われている紙のすばらしいこと!丸い石がゴロゴロところがる地面の感じや、苔むした岩肌の様子が表現されたマーブリング。日本がお好きだったのか、随所に見られる千代紙のなつかしい柄や、和紙の柔らかな感触。「魔法のとかげ」のからだは、七色に輝いて、なんとも神秘的です。この絵本を開くたびに、その美しさが目の前に何度でもよみがえってくるのです。店の若いスタッフに聞いたら、この作品も小学校低学年の教科書に載っていたとのこと。教科書でこの物語を知ったというかたには、教科書では見ることのできない、大きくて美しい画面をぜひ見ていただきたいと思います。

 40年もの間、世界中の人に愛され続けてきたこの絵本を、この展覧会で改めてじっくりと味わう機会を得て、とても幸せでした。これからもさらに多くの人に、この絵本が読み継がれていきますように!

(スタッフA・N)

アレクサンダとぜんまいねずみ : レオ レオニ
レオ・レオニ/ 作
谷川 俊太郎/ 訳
好学社

ねずみのアレクサンダは人間に大切にされているぜんまいねずみをうらやましく思っていました。でもある日ぜんまいねずみが捨てられることに……。

対象年齢 : 5才ぐらいから
1,456円 + 税 購入する
この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • はしれはしれ
    スタッフの この本読んで!-絵本の中の空気をあじわう-

     表紙には、薄明るい地平線を境に、白みはじめた空と、ずっと遠くの方まで見渡せる平原。向かって左端には赤の、右端には緑の豆つぶのようなものがある。この、しんと静まり返った雰囲気の漂う表紙をめくると、朝日が射してきた場面に変…

  • かんかんかん
    スタッフの この本読んで!-意外な出合にわくわく!-

     最近3才になったばかりの姪。時々、本棚から絵本を一冊選び出してくると、私の方に向けておもむろに表紙をめくります。読み聞かせをしてくれようというのです。大人の真似をして、なんだかちょっと得意げです。まだあまり字が読めない…

  • ゆびくん
    スタッフの この本読んで!-世界でいちばん最初のともだち-

     幼い頃、寝る時に親指をしゃぶる癖がありました。それも絶対に左手の親指じゃなきゃだめ。長きに渡りしゃぶり続けてこしらえた“タコ”が、自分の口にぴったりフィットするんですね。それでようやく安心して眠りへと誘われるのです。思…

  • utakosannoehon
    スタッフの この本読んで!-愛らしい ぶたのうたこさん-

     ディック・ブルーナといえば、うさこちゃんですね。今はミッフィーと呼ばれることの方が多いかもしれません。世界中で愛されているキャラクターです。でも、私がブルーナの創りだしたキャラクターの中で愛してやまないのは、なんといっ…

  • 『ごきげんなすてご』
いとうひろし/作
徳間書店
(小学初級から)
    スタッフの この本読んで!-「良いお姉さん」じゃなくていいんだよ-

     はじめまして。メルヘンハウスの一員になって8カ月、先輩方の背中を見ながら学びの毎日を過ごしています。初めて担当するこのページ、自己紹介も含めて読んでいただけたら嬉しいです。   幼い頃から子どもの本が好きでした。子ども…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索