“お姉さん”の気持ち

その女の子の名前を私は知りません。弟がMくんというのは分かるのに…。
いつも家族そろってお店に来てくれる女の子のはなしです。お父さん、お母さん、それに小さい弟と。よちよち歩きの弟と遊んであげる姿が立派な小さなお姉さんです。

ある日、女の子がひとりで黙々と絵本を読んでいました。タイトルは『おにいちゃんだから』(文研出版)。その名の通り、弟を持つ兄の気持ちがつまった絵本です。「面白かった?」と聞くと、こくりとうなずきました。今度は、弟の気持ちを描いたシリーズ本『ぼくだけのおにいちゃん』(文研出版)をすすめると、これもじっと読んでいました。

いつも元気に弟を可愛がっているけど、時々がまんや寂しい思いもしてるんだろうな。でもきっと、弟にとってあなたは憧れのお姉さんだよ。思わず送ってしまったエールでした。
感想を聞こうとして気付きました。彼女の名前を知らなかったことに。いつも家族から「お姉ちゃん」と呼ばれているためでした。私にも弟がいるので、かつては「お姉ちゃん」じゃなくて名前で呼んでほしい…と思っていたのに。共感しているつもりで、ほんとは分かっていなかったな、と反省しました。次に会ったら絶対に名前を聞こう!と心に決めました。

小さなお姉さん・お兄さんに寄り添うすてきな本はたくさんあります。「元・小さなお姉さん」としてはりきってお手伝いしますので、本選びの際はぜひ声をかけてくださいね。

スタッフ 関

 

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 『あめ』
ピーター・スピアー/作
評論社
    絵を読む術は子どもにはかないません!

    少し前の話になりますが、こんな絵本を探している子がいました。 「男の子のパンツがずり落ちて、おしりが見えちゃうお話」 質問の主は4才くらいの女の子。前に図書館で読んで気に入ったというその絵本を、さっそくスタッフみんなで知…

  • 006
    お客さんとの本選び

    先日、来店された年配の男性のお客様に声をかけられました。お顔に見覚えのある方でした。そのお客様がおっしゃるには、「この前、あなたに選んでもらった本を孫に読ませたら、とても面白かったと喜んでいた。孫から、この本を選んだ店員…

  • 004
    おはなし会で読む本は決めていません。何故なら・・・

    毎週、土曜日と日曜日の15時から行っている「おはなし会」。いつも、たくさんの子どもたちで賑わっています。 「今日は何の絵本を読むんですか?」 こんなお問い合わせをいただくことがあります。 ですが、前もって読む本を決めてい…

  • 002
    おばけだ~いすき!!

    「おばけの出てくる本はありますか?」今日も耳にした、子どもたちからの質問です。やんちゃな男の子からまだ小さい女の子まで、いろんな子がおばけの本を探しに来ます。 実は怖さにはグレードがあるのです。まずはかわいくておちゃめな…

  • 002
    できるだけたくさん言葉をかわしたい

    朝、お店の入口のあたりをそうじしていると、近くの幼稚園へ通う子どもとお母さんたちが、何組も目の前を通ります。「おはようございます」と声をかけると、皆さんにこやかに「おはようございます」と返してくれます。お店によく立ち寄っ…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索