第62回「お伊勢さ〜ん!」

伊勢神宮へ行きました!

この前の休みはとても天気が良かったので、伊勢神宮まで車で行きました。伊勢神宮に行ったのは恐らく10年ぶりぐらいでしょうか?前回は寒い日で雨だったような気がしますが、あの大きな木々の間を抜けて正宮の正殿までの道のりがとてもステキだったのを覚えていて、また行きたいと思っていたのです。

昼過ぎに伊勢神宮に到着。腹が減っては戦は出来ぬ!ではなく、腹は減ってはお参り出来ぬ!ってことで、腹ごしらえを。伊勢神宮までの道のり約800メートルに伸びる「おはらい通り」にある「すし久」へ。てこね寿司が絶品!ロケーション最高!と文句ナシ!お腹が満たされたところで、テクテクと伊勢神宮へ。

 

前回と変わらず、橋を渡るとそこは空気が全く別になるというか、大袈裟に言えばこの世の空気ではないような雰囲気です。正直なところ、そんなに信仰心が強い方ではないのですが、スーッと引き込まれていってしまいます。大木を見上げながら「スゲー!スゲー!」と興奮しながら先に進めば、そこにあるのは正宮の正殿。20年ごとに新しい神殿への神さまのお引っ越しする「式年遷宮」を2年前に行なったばかりのため、とてもキレイな正殿。僕は前厄のため、いつもよりギューッと力が入ってお参りをします。

正殿へお参りの後も、境内には色々と神様がいるようで、あらゆるところで何度か頭をさげてお参りを。なんとなく心身ともに軽くなったようで、夏日でしたが心地良いままおやつタイムへ突入。おやつはもちろん赤福です。疲れたカラダに染みる甘みとずっと変わらぬ店構え。残念ながらお土産の箱入りは売り切れとなっていて、お土産は買えませんでしたが、お土産の赤福は名古屋駅でも買えるしな〜と負け惜しみのような気持ちで、伊勢神宮を後にしました。

せっかく伊勢神宮まで来たのだから、近くの夫婦岩にも行きました。どことなくイナタイ雰囲気が最高で伊勢神宮の賑わいとは全く別空間。昨年、夫婦岩を結ぶしめ縄が切れるという大惨事もありましたが、今はしっかりと結ばれていました。

もう離れませんよ!

もう離れませんよ!

せっかく三重まで来たのだから、帰り道の四日市にあるメリーゴーランドへ。店主の増田さんとは昨年末から今年初めにかけて、名古屋にて一緒にご飯食べたり、カラオケに行ったりする機会が数回あったのですが、お店に来たのはおそらく25年近く前です。やっぱり本屋さんはドキドキしますね!ワクワクしますね!メルヘンハウスと同じく、子どもの本をメインに取り扱っていますが、メリーゴーランドはカフェや雑貨屋さんも併設しているので、メルヘンハウスと雰囲気も異なり新鮮です。もちろん、置いてある本も接客も雰囲気も何もかも違う。お互いチェーン店ではなく独立系書店として何十年もやってきた重みを感じました。

メリーゴーランドを後にして名古屋の我が家近辺に着く頃は既に晩ご飯時。家から車で5分ほどのカレー屋さんホジャ・ナスレッディンへ。胃にもたれることのない優しくもしっかりスパイスの効いたカレーを食べて一日が終了。

優しいけどスパイスが効いてる毎日でも食べたいカレー!

優しいけどスパイスが効いてる毎日でも食べたいカレー!

相変わらずじっとしていることができない休日。神に、子どもの本の店に、優しいカレーにと、あらゆることから大きなパワーをもらった最高の時間を過ごしたのでした。

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

 

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事
  • こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊
    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌...
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    photo by MIKI Yoshihito 自分の子どもへの読み聞かせはもちろん、小学校のボランティアや町内の子ども会など、意外と機会があるのが、低学年の子どもへの読み聞かせです。 でも、...
  • 大人に教えたい絵本。おすすめ10冊
    大人に教えたい絵本。おすすめ10冊
    絵本は、子どもだけのものだと思ってるそこのあなた…何てもったいない!! 絵本を一番たくさん読むのは、確かに子どもの頃かもしれません。でも、対象年齢の下限はあっても、上限がないのが絵本の良いと...
  • 絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    「絵本読んで!」 子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵...
こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索