最初から最後まで笑いっぱなし!

どえりゃあ 面白いでかんわ~!

『名古屋うみゃあもんのうた』(佼成出版社)の刊行と原画展開催を記念して、長谷川義史さんの絵本ライブ&サイン会がおこなわれました。当日は開店前から数人のお客さまが参加整理券を求め並ばれたり、前日までお電話でのお問い合わせが多かったりと、始まる前から「今日は何かがあるぞ!」と思わせる雰囲気。その予感は的中し、メルヘンハウス2Fギャラリーはなんと!70人ほどの子どもと大人でいっぱい!普段のイベントが30人ほどでおこなっていることを考えると倍以上の人!ちょっと酸欠気味のなか、待ちに待った絵本ライブがスタートです!

最初から笑いの渦!

まずは、大人気絵本『いいから いいから』(絵本館)から。ただのマルから表情豊かな顔になっていく長谷川さんの筆使いは本当にお見事!しゃべりながら描いて、ちょっとした仕草もちょこちょこ入りながら、参加した子どもも大人も笑いながらどんどん長谷川ワールドに吸い込まれていきます。

既刊の『大阪うまいもんのうた』、『東北んめえもんのうた』(いずれも佼成出版社)の内容にも少し触れて、いよいよ『名古屋うみゃあもんのうた』の絵本ライブです。

「2~3日、取材して食べまくりました!」と仰っていましたが、それもそのはず。ものすごい数の名古屋名物のオンパレード!アメリカ民謡「牧場のメロディ」の替え歌で名古屋名物を振り付けもしながら、どんどん描いていきます。

最後にはみんなで大きな声で歌って終了!割れんばかりの拍手喝采で幕を閉じたのでした。

大笑いの絵本ライブとサイン会でおなかいっぱい!

絵本ライブ終了後はサイン会です。ひとりひとり丁寧に名前入りのサインと写真を取ったりと、参加された方はみなさん良い笑顔で会場をあとにされました。

そして、絵本ライブで描いた絵をいただき、原画展会期中は原画とともに展示することにもなりました。当日、都合が合わずに参加出来なかった人に少しでも熱気が伝わるはずですので、是非とも見にきてくださいね。

原画展は、6月7日(日)まで続きます。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • image8
    とっても大きくダイナミックなワークショップでした!

    自由が調和を生み、そして平和な夢の大都市が完成! メルヘンハウスの2Fギャラリー。一面にクラフト紙が敷き詰められ準備は万端!今日は夏休み最後の日曜日、ワークショップ「みんなでつくる、夢の巨大都市」の日です。 まずは今回の…

  • image6
    クレヨンとクレパスの魔法は努力の積み重ねだったのです。

    クレヨンとクレパスの可能性を追求! どこか昭和の香りが漂うノスタルジックな画風とおはなしが人気の加藤休ミさん。原画展にあわせて来店いただき、子どもワークショップと大人へのトークショーを開催しました。いずれも加藤休ミさんの…

  • image10
    驚いて、耳を傾けて、歌を歌って、かなりさいこう!

    すべてが本物の「かなりさいこう!」なライブ! 全国各地で年間270回もの公演をおこなう、大人気のミュージシャンで絵本の翻訳も手がける大友剛さんが、忙しい合間をぬってメルヘンハウスにやってきてくれました! この日は、事前予…

  • 絵描き歌に合わせて描く
    「もったいないって、どんなこと?」

    想像力を育む本 「もったいないばあさん」シリーズ(講談社)で有名な絵本作家の真珠まりこさん。昨年発表されたシリーズの最新刊『もったいないばあさんの てんごくとじごくのはなし』の原画展に伴い、メルヘンハウス来てくださいまし…

  • 記念撮影はジャンプ!
    「子ども」というキーワードがたくさんの日

    子どもに向けて発信すること 「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「ペンギンきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)など、数多くの人気絵本を手がける作家、工藤ノリコさん。子どもだけでなく…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索