第82回「一緒に楽しむってこと」

教壇に再び立つ、しかし教鞭は振るわず

愛知教育大学に行ってきました。前回は1月にお邪魔して今回は2度目の訪問です。前回同様、児童書について未来の先生たちに90分の講義をしました。

今回の学生さんは、国語科の1年生の2クラス、合計80名ほど。みんな、もちろん平成生まれ。そして、そのほとんどが昨年までは高校生!今年40になる僕は、彼らが生まれた時は既に20歳ぐらい!ジェネレーションギャップなんて言葉では片付かないほどの年齢の溝をどう埋めることができるか?

想像をたくさんしよう!

ワイワイ、ガヤガヤ、ゾロゾロと学生たちが教室に入ってきます。う〜ん、やっぱり若い!普段30代〜40代の友達やら仕事仲間と一緒にいるのと大違い!笑顔が眩しい!そして、目の輝き、ハツラツさが違う!それにしても80名って結構な人数だなぁなんて思いつつ、講義開始です。

今回、お話をいただいたときから「はて、どうしよう?」と考えたものですが、90分喋り倒してもあまり面白くないだろうなぁと考え、今回は学生に積極的に参加してもらえるようなワークショップ方式にしました。タイトルと表紙の絵とちょっとだけ登場人物ヒントを出して、あらすじをグループで考え発表し合うという内容です。

実際にこのワークショップをおこなうのは初めてなので、どうなることやら?と不安を抱きながらスタートしましたが、やってみるとものすごい大盛り上がり!6人で一つのグループを作り、楽しそうに相談しています。各テーブルを周りながら紙に書かれたあらゆるキーワードを見ると、本当に奇想天外で自由な発想が溢れんばかりに出てきています。「わぁ、これはこの時点で大成功だなぁ!」と感激しつつ、さぁいよいよ発表の時間です。みんな国語科の学生ということもあり、まとめるのが上手い!しっかりお話になっている!タイトルと表紙の絵と登場人物のヒントだけでよくもここまで想像しまとめたなぁと、どのグループのお話も大笑いの内容。最後に今回のワークショップの題材にした絵本を読み、自分たちが考えた内容とどんな違いがあるのかを確認してもらいました(題材にした絵本は写真を見てわかるかな?)。

90分の時間はあっという間に過ぎていき、やりたかったこと、言いたかったことはまだまだありましたがタイムオーバー。しかし、ワークショップだけでも成功したので、学生たちと楽しい時間が共有できたのは、とても嬉しきことで僕もたくさん学ばせていただきました。

「想像を爆発させてほしい!」

僕の父は、「絵本は非日常の世界へいくパスポートのようなものだ」といいます。日常からかけ離れた世界で、想像力を膨らませて自分の世界を楽しむ。そんなことなんだと思います。もちろん、その先にはもっともっと重要なことがありますし、突き詰めればそれこそ個人レベルではなく、人類、いや宇宙規模の話にもなります。僕が子どもたちに、絵本(児童書)にもっと触れてほしいと思うのは、それこそ岡本太郎の名言「芸術は爆発だ!」ではないですが、「想像を爆発させてほしい!」と思うからなのです。

今の社会には情報が溢れています。ほしい情報はパソコンやスマートフォンにてすぐ得ることが出来ます。色んな情報をすぐに知ることはとっても良いことでもありますが、なんでも事実として知ることが果たしてよいことなのか?と疑問に思います。「Aは◯なので★なのです。」と、すぐに◯や★が判明してしまうのはどうなんだろう?「Aってなんだろうなぁ?」とまずは想像して、その想像したことが△でもいいんじゃないかなぁと思います。それが間違いだったとしても、そこに辿り着くまでの過程で、たくさん悩み、たくさん想像することが大切なんだと。今回は学生たちにそんなことが伝わればいいかなぁと思っての講義でした。

長く続いている秘訣は・・・

本を売るってことにしっかりとした気持ちを持っておきたいと、最近強く思います。ただ売る!儲ける!ってことだけでなく、「なんで本を売っているのか?しかも、どうして児童書をなのか?」ということを常日頃から持っておきたいのです。そう簡単には答えの出ることではないでしょう。おそらく42年も子どもの本専門店をやっている父でも即答できることではないでしょう。もしかしたら、答が出ない、わからないから、こんなに長くメルヘンハウスが続いているのかも知れません。まだまだ修行の日々は長く続きそうです。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索