第3回「よみがえる思い出」

ブックマークナゴヤがいよいよはじまる!
ブックマークナゴヤでのイベントが来週に迫り、色々と準備に追われる日々です。と言っても、あー忙し忙し!と口にしながらのほほんと楽しくやってます。準備すると簡単に一言で言っても、メルヘンハウスだけで準備できることばかりでなく、色々な方々にご協力いただいたりしてます。本当に感謝です。

さて、そんな準備の重要な任務「買い出し」に先日行って参りました。何を買ったか?何ため?なんてことはトップシークレットのため、ここで口外することは出来ませんが、その買い出しの模様はお伝えしても良いかなぁなんて思って書いてます。

IMG_1578

駄菓子だけでなくオモチャもたくさん!

買い出し先は昭和感満載ゾーン!
買い出し先は明道町。名古屋にお住まいの方はご存知の方も多いかも知れませんが、駄菓子問屋街です。憧れの駄菓子がケース単位で大量に売り買いされている魅惑ゾーン。今だったら大人買いでたくさん買えますが、小さいころは限られたお小遣いのなかでどうやりくりするか頭を捻ったものです。
そんな思い出がチラリと頭をよぎりながらも、買い出しプロジェクトを無事に遂行せねばならず、あーでもない、こーでもないと言いながら店を巡ります。

それにしても、明道町!どの店も良い感じで昭和でストップしています。
それは店構えだけでなく、お店の方も昭和の問屋人の王道2パターン、基本的に威勢の良いタイプ、マスコット的にただ座っているお婆さんタイプが君臨していて、かなりいい味が出てます。また、絵本の世界もロングセラーと呼ばれる本が多く、40〜50年前に出版された本がいまだ人気でありますが、同じように駄菓子界にも数々のロングセラーがあるようで、「あれも食べた!これも食べた!」なんて思い出の駄菓子がいっぱい!

IMG_4073

子どもの大好きな駄菓子オールスターズ

一通り、買い物を済ませてブラブラしていると、名古屋独特の風習をウリにした看板などを多く発見!そう、「嫁入り菓子」。私の母もうん十年前に嫁に行った際に2Fから撒き散らしたそうですが、今はほとんどやっていないと思われます。これだけ、マンションなど集合住宅が増えると簡単には出来ないなぁなどと思いつつ、風習がなくなる寂しさも感じずにいられません。

嫁入り菓子をメインに掲げた店

嫁入り菓子をメインに掲げたナイスな店

IMG_5298

駄菓子はあらゆる用途に使えます!

昭和ノスタルジー症候群なのかもしれない・・・。
平成になって26年経ち、メルヘンハウスのスタッフにも平成生まれがいますが、なんだか昭和時代の文化の方がしっくりくる自分がいたり、昭和のものに触れるとホッと安心するような感覚を持っていたり、昭和から抜け出せていないのかも知れないと思うときが多々あります(80‘sのエンターテインメントが好きというのもある)。『昭和の子ども生活絵図鑑』(金の星社)なんて見てると、何ともいえない幸福感に包まれてしまいます。過去の思い出にしがみついているわけではないですが、やっぱり昭和、いいよね〜!なんて思うのです。

おしまい

 

本文中でご案内した『昭和の子ども生活絵図鑑』(金の星社)は購入いただけます。

showa

昭和の子ども生活図鑑
ながたはるみ/絵
奥成達/文
金の星社
(5才ぐらいから大人まで)

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索