第94回「読み継いでいくことをはじめよう!」

敬老の日ってなんだか良いな!

世の中は5連休です。メルヘンハウスは全く関係せずに元気に営業しています。店内はどちらかというとゆったりとした時間が流れていて、天気も良いせいかふんわりとした心持ちになります。と言っても、そんな余裕なことばかりでもなく、やるべきこと、考えなければならないことも満載です。

昨日(9/21)は敬老の日。お店には午前中から多くのお客さんが来てくれました。そのなかでも多かったのは、やっぱりおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に来る子どもたち。「敬老の日を一緒に過ごしているんだなぁ」と仲の良いほのぼのとした光景がとても印象に残りました。僕も小さい頃は、おばあちゃんとこうやって仲良く楽しい時間を過ごしたなぁと、少しセンチメンタルな気分になったりもしたのでした。

現在、メルヘンハウスの2Fギャラリーでは、『ひみつのかんかん』(偕成社)の原画展を開催しています。このおはなしの舞台は名古屋の大須という場所です。この丈太郎日記の初期の方でも触れましたが、大須は僕とおばあちゃんの思い出の地であります。今となっては後悔することしかできませんが、もっとおばあちゃんに対して色々とやってあげたかったなぁと思います。なので、メルヘンハウスにおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に来て、「買って〜!ねぇ買って〜!」なんて駄々をこねている子どもたちには、「後悔先に立たずだよ!」と教えてあげたいものです。

読み直してわかることがあります。

話は全くガラリと変わり、最近涼しくなってきたせいか、読書の秋なのか、活字を追いかけるのが楽しいです。要は本を読むことが楽しいってこと。それも昔に読んだ本を再度読み直しています。これが楽しい!うる覚えだった内容が鮮明になっていく爽快さ、快感さがなんとも言えません。そして、新たな発見!そうそう、音楽って何度も同じ曲を聴くでしょう?気に入った曲は電車でも家でも車のなかでも。そして、何年、何十年経っても聴くでしょう?本もそうなんだと思うのです。

よほどの本好きの方でないと、本って一度読んだら再度開く機会ってそんなにないと思います。しかし、絵本や児童書はそうでもありません(詩などもそうですね)。子どもたちは気に入った本を何百回と読んで、中には暗記している子もいます。特にメルヘンハウスでよく見る光景は『はらぺこあおむし』(偕成社)を手にしている子どもに対して、「家にもあるでしょう!」とか「何冊も買ったでしょう!」とか言ってるお母さんの困った顔。

『はらぺこあおむし』 エリック・カール/作 もちひさし/訳 偕成社

『はらぺこあおむし』
エリック・カール/作
もちひさし/訳
偕成社

ある時は、おはなし会で「コレ読んで!」と『はらぺこあおむし』をリクエストしてきた男の子が、こちらが読む前に台詞を先に言ってしまって、何もやることがなくなってしまったこともありました。おそらく何百回と読んでもらったり、自分で読んだりして全部覚えているのでしょう。こんなことがたまにあるのです。

本は所有すべきものだと思います。

世の中ではモノを所有しない方向に向かっています。余計なモノを持たないのは良いことだと僕も思います。では、本って余計なもの?確かにかさ張って場所を取ることでしょう。日本の住宅事情からいっても置いておく場所ないよ〜!ってのが当たり前。でも、特に児童書は代々読み継いでいく良さがあります。メルヘンハウスでよく耳にする言葉は、何も「家にもあるでしょう!」とか「何冊も買ったでしょう!」だけではありません。

「その本はお母さんが子どもの頃に読んだものがあるから、その本を読もうね!」

親から子へ本と思い出が受け継がれていく光景って、なんだか良いなぁと思うわけです。僕の実家にも父の本がたくさん入った書庫がありますが、いつの日か引っ張り出してきて世代を超えて楽しみたいと思います。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索