大人に教えたい絵本。おすすめ10冊

大人の絵本

絵本は、子どもだけのものだと思ってるそこのあなた…何てもったいない!!

絵本を一番たくさん読むのは、確かに子どもの頃かもしれません。でも、対象年齢の下限はあっても、上限がないのが絵本の良いところ。大人になった今だからこその発見や感じることもあって、とても楽しめます。最近では絵本カフェも人気で、絵本を楽しむ大人は増えてきています。

映画やドラマ、小説なんかも良いけれど、たまには絵本を読んでみませんか?大人にこそ読んでほしい、大人向けの絵本おすすめ10冊をご紹介します。

1. 人生を考えさせてくれる絵本

意外かもしれませんが、絵本にはメッセージ性の高いものが数多く存在します。子どもの頃には気付かなかったメッセージに、大人になった今なら気付くはずです。大人向けのハウツー本からは決して得られない、社会で忘れがちな「本当に大事なこと」ことに気付かせてくれます。また、直接的に人生を導いてくれるような絵本も。

1-1. 『ときめきのへや』(講談社)

ときめきのへや

ねずみのピウスはいろんなところで落ちているモノを拾ってきては部屋に飾ります。その部屋は「ときめきのへや」と呼ばれ、ちょっとした評判に。しかし、ピウスにとっては大切なのですが、その中で誰もが首を傾げるモノがあります。それはただの石なのですが・・・。人にとってはどうでも良いものだけど、自分にとって大切なものってありますよね?時には人の意見に惑わされ、その大切さが揺らぐこともあります。果たして、「もの」が大切なのか?「もの」にまつわる思い出が大切なのか?さて、あなたは何を大切にしますか?

1-2. 『たいせつなこと』(フレーベル館)

たいせつなこと

シンプルな絵本です。ひとつひとつの描写が誇張されたり、脚色されることなく、リンゴならリンゴそのものが自然な姿で描かれています。この絵本に描かれている全てが「素」なのです。「自分らしさってなんだろう?」そんなことをちょっとでも思っている人に「たいせつなこと」を気づかせてくれる1冊です。

2. 疲れた自分を解放させてくれる絵本

絵本は、「子どもの宇宙と言われる空間へのパスポート」と表現されることがあります。絵本を読むことで、様々なしがらみから、あなたを「子どもの宇宙」へと連れて行ってくれます。また、忙しすぎて当たり前のことを忘れてしまいがちなことを気付かせてくれることも。

2-1. 『セーラーとペッカ、町へいく』(偕成社)

セーラーとペッカ

引退した船乗りのセーラーとその親友の犬のペッカの日常のお話です。特に何か起こるわけでもない平凡な一日(と言いつつ、元船乗りらしい「町へきたついでに、タトゥーをいれよう!」など、飛び抜けた発言もありますが・・・)。でも、そんな平凡な日々のなかに、小さな幸せをしっかりと見つけだして、それを楽しむ姿勢はどこか微笑ましく、羨ましくも思える人も多いはずです。

2-2. 『ありがとうのえほん』(偕成社)

ありがとう


「ありがとう」の気持ち、大切な人にきちんと伝えていますか?疲れたり、自分に余裕が無くなってくると、私たちが一番忘れがちな感情、それが感謝の気持ちです。そんな時、この絵本が一番の特効薬となるはずです。ページをめくるたびに「ありがとう」の文字。その感謝をささげる向こうには、私たちにとって、いつも当たり前を思っている事柄。とってもシンプルなメッセージだからこそ大切にしたい言葉です。

3. 大人になった今だからこそ、もう一度読んでほしい絵本

子どもの時に読んだ絵本を大人になってから読み返した経験はありますか?子どもの時に気付かなかったこと、大人だからこそ理解できるメッセージなど、当然読み方も変わっているはずですよね。

3-1. 『ちいさいおうち』(岩波書店)

ちいさいおうち

むかしむかし、ずっと田舎に小さなうちがありました。四季の美しさも存分楽しめるとても良いところでしたが、ある日から開発がはじまり、道ができて、車が走り、高い建物ができ、すっかり周りの景色は変わり果てていきます。
ここ最近は、UターンとかIターンなど、自分の育った町や田舎での生活を希望する方も増えていますが、本当に自分らしく暮らしていく環境というのはどんなことなんだろう?という疑問は常々もって日々生活している方も多いのでは?人類の発達は人間にとって本当に良いものであるのか?そんなことを絵本を通して考えてみてはいかがでしょう。

3-2.『すてきな 三にんぐみ』(偕成社)

すてきなさんにん

そもそも、お金とか財宝ってなんの為に必要なんでしょう?そんな疑問に即答できる方はいますか?この三にんぐみのどろぼうも散々好き放題に強盗をしてきたにも関わらず、その疑問には答えることが出来ず・・・。大人になると大事なことを忘れて日々を過ごしてしまいがちですが、もう一度、自分が何をしたかったのか考えるのも悪くないですね。

 4. ちょっぴり泣けたりキュンとする絵本

理由はよくわからないけど、なんだかやるせなかったり、切なかったりする時は、そっと絵本の世界に入ると気持ちが落ち着いたりすることがあります。文章だけだと物足りない、映像や音はうるさい。そんな時に絵本はそっと手を差し伸べてくれます。

 4-1.『アンジュール』(BL出版)

アンジュール

この絵本には文字がなく、絵だけでお話が進んでいきます。車から放り投げ出された1匹の犬が彷徨い辿り着いたところには?言葉での説明がないからこそ、自分の中で世界が大きく広がっていく、感情移入のしやすい絵本です。最後のページであなたはどんなことを想うのでしょうか?

4-2.『ぼくはきみで きみはぼく』(偕成社)

ぼくはきみで

愛や友情をテーマに、様々なお話・お芝居・詩などが小さな世界で可愛く描かれています。子どもの頃に夢見ていた小さな世界をもう一度思い出してみるのも悪くないですね。きっと読み終えてこの絵本を閉じたなら胸にギュッと抱きしめたくなること間違いなしです。(どんな気持ちだから?)

5. 絵本好きなら当たり前。大人に人気の絵本作家さん

既に絵本をよく読まれている方の間では、「知っていて当然!」と言われる絵本作家さんがいます。共通点は、オリジナリティの高さです。特徴的な絵や独特の世界観で大人を魅了しています。表紙をみただけでと気付くようになれば、あなたも立派な絵本好きです。

5-1. 『あかい ふうせん』(ほるぷ出版)

あかいふうせん

作者であるイエラ・マリの絵本は、どれもオシャレなものばかり!絵本というよりも、アートと言った方がイメージし易いかもしれません。そのストーリー展開と絵の美しさは素晴らしいの一言に尽きます。ストーリーを崩すことなく、ページ1枚ずつが絵として成立しているんです。一切の無駄を省いた絵の構成ですが、不思議と有機的に感じるところが彼女の絵本の魅力なのかもしれません。

5-2. 『はんなちゃんがめをさましたら』(偕成社)

はんな

酒井駒子さんは、20~30 代の女性に圧倒的な支持を得ている絵本作家です。どの作品も決して開かれた世界ではなく、どちらかというと個(ひとり)の楽しみや感情を、上手く表現しているところが人気の理由です。ご本人もメディアに露出することはほとんどなく、謎のベールに包まれたところも魅力のひとつ。あなたが酒井駒子ワールドに惹き付けられたなら、きっと誰かと共有するのではなく、ひっそりと自分だけの楽しみとしてページをめくりたくなるはずです。

まとめ

読みたい絵本はありましたか?

ゆっくりと時間を過ごしたり、自分のことを振り返ったり、純粋の物語の世界を楽しんだり…ぜひこの機会に絵本を読んでみてください。きっと他では得られない楽しみが見いだせると思います。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事
  • メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    2018年3月31日、メルヘンハウスは45年と5日の長きにわたる書店活動を閉めることとなりました。 「一人でも多くの子どもに読書の喜びを」をスローガンに、国内初の子どもの本専門店として立ちあげま...
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    photo by MIKI Yoshihito 自分の子どもへの読み聞かせはもちろん、小学校のボランティアや町内の子ども会など、意外と機会があるのが、低学年の子どもへの読み聞かせです。 でも、...
  • 絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    「絵本読んで!」 子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵...
  • 泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    あなたは、どんな時に感動したり、泣いたりしますか? 映画で思わず泣いてしまったという人は多いかもしれませんが、絵本でも泣ける内容の感動的なストーリーがたくさんあります。 この記事では、子どもだ...
こちらもいかがですか?
  • こいのぼり
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊

    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌じゃありませんか? こどもの日…

  • dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s
    入園・入学おめでとう!おすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスです。 子どもたちのなかには、卒園式や卒業式を終えて、新たな生活のはじまりの準備をしている子もいることでしょう。楽しみでワクワクしながらも、少し不安でドキドキしている子どもたちをメルへンハウスは…

  • 5c57951dd95616798b4b0b9b875f9fca_s
    5歳におすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 絵本の楽しみを知った子どもたちは、5歳ぐらいになるとページや文字のボリュームが多い絵本でも、気にすることなく楽しむことができるようになります。そして、いずれは絵本から幼年童話…

  • 3818cdb4b49b27a5d7eb1a2c07951f75_s
    4歳におすすめの絵本10冊

    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。

  • c715bb582a4cc4807884a2592b0c951e_s
    赤ちゃんと一緒に楽しむ絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 メルヘンハウスには、「赤ちゃんと一緒に絵本を楽しみたい!」という新米ママやパパが多くいらっしゃいます。実は僕も新米パパの1人です。毎日、朝と夜に3冊ずつ絵本を読むのですが、本…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索