1歳におすすめの絵本10冊。

1歳

1歳の子どもは、色んなことを初めて体験していく大事な時期。だからこそ、絵本にも是非こだわってみませんか?

この記事では、1歳の子どもに絶対に読んであげたいおすすめの絵本10冊をまとめています。売上ランキングでは出会うことのない素晴らしい絵本も紹介しているので、是非読んでみてください。

1.『そら はだかんぼ』(偕成社)

そらはだかんぼ

「ライオンくん!おふろ ですよ はだかんぼに なりなさい」…ライオンが裸に?まあまあ、細かいことは気にせずに、すぽっとはずして、がばっとぬいで・・・シャツ、ズボン、くつした、パンツまで!ちゃんと上手に脱げたかな?いやいや、まだまだ脱ぐものが・・・意外な展開を迎えるライオンくんの正体に驚くこと間違いなし!子どもが毎日やっている「服を脱ぐ」という行動を、意外で楽しいストーリーで描いている絵本です。
絵本を読んだら、お風呂に入る時に、「そらはだかんぼ!」と声をかけてみてくなる1冊です。絵本と現実の世界を分けてしまうのではなく、関連させることで1歳の子どもは両方の世界を行ったり来たり。きっと、楽しい世界がもっと広がるはずです。※ブックッククラブ年少1~2才児(Bコース)配本

2.『りんごがドスーン』(文研出版)

りんごが

あなたの1歳の子どもの目の前に大きなりんごが落ちてきたら食べるでしょうか?食べるとしたら、その時にどんな音を出すと思いますか?
この絵本は、「もぐ もぐ もぐ」、「みちゃ みちゃ みちゃ」、「がり ぽり がし がし」など、色んな動物が色んな音を立てて、とっても大きなりんごを美味しそうに食べる絵本です。これを読んだ1歳の子どもがりんごを食べる時に、必ずこの絵本に出てくるいずれかのお気に入りの音をたてて食べたがること間違いなし!そんな期待を持たせてくれる絵本です。食べる楽しみは味だけじゃありません。形や色や匂いや音も含めて楽しいことを教えてくれます。1歳の子どもに、「食べるときは音を立ててはダメ!」と怒る前に、まずは食べる喜びを一緒に分ちあいましょう。※ブックッククラブ年少1~2才児(Bコース)配本

3.『にんじんさんがあかいわけ』(童心社)

にんじん

にんじん、だいこん、ごぼう。どうして、にんじんだけが赤いのでしょうか?
日本で一番読まれている赤ちゃん絵本の『いない いない ばあ』(童心社)の作者である、松谷みよ子さん作の昔話です。不思議なことに昔話というだけで読み手の口調も優しく語りかけるようになり、昔話特有のほんわか優しい空気感に包まれて行きます。この絵本に限らず、昔話はお話として優れたものが多いため、これから大きくなって、1歳じゃなくなっても読んであげたいものです。その入門編としておススメです。さてさて、締めの一言「とっぴんぱらりのぷう」とは?

4.『じどうしゃ くるるん』(偕成社)

くるるん - コピー

羽のついた不思議なじどうしゃ“くるるん”の冒険物語です。
象の足の間をくぐったり、アリさんに助けられたり、海の上や、きりんの長い首、虹までも!でも、もちろん最後は、「ただいまあ!」とお家に帰ります。縦横無尽に駆け巡る“くるるん”に、ドキドキしたりワクワクした1歳の子も、家に帰ることで、ホッと一安心。もしかしたら、1歳の子どもにとっては初めての冒険を体験することになるかもしれません。また、“くるるん”の白い窓に写真を貼ったり、絵を描いたりしても楽しめるので、1歳でも自分を投影しやすいのが特徴です。車などの乗り物に興味を持ち出した子どもたちが喜ぶこと間違いなしの1冊です。※ブックッククラブ年少1~2才児(Bコース)配本

5.『たべたの だあれ』『かくしたの だあれ』(文化出版局)

 

いずれも35年以上、子どもたちに人気の探し絵本です。
「たべたの だあれ」、「かくしたの だあれ」と左のページでは隠された食べ物やモノの絵が描かれ、右ページのたくさんいる動物の中で体の一部になっているその隠された食べ物やモノを探します。1歳ではまだ「探す」という意味は分からないかもしれませんが、「同じ形のもの」を見つけることを楽しむことが出来ます。
1歳を過ぎて、2歳や3歳になると、実際に「探せる」ようになるので、年齢に見合った楽しみ方ができる絵本です。ちょっとずつモノを認識し出した子どもにピッタリの絵本で、同じものを見つける楽しさを感じてくれると思います。

6.『ぎったん ばっこん』(文化出版局)

ぎったん

皆さんは小さい時に公園でどんな遊びが好きでしたか?お気に入りの遊具があった人も多いと思います。
この絵本は公園でも人気のシーソーのお話です。シーソーが上がったり下がったり、大きい動物から小さい動物まで、みんな楽しそうに「ぎったん ばっこん」。子どもたちに大人気の絵本『ねずみくんのチョッキ』(ポプラ社)のコンビが送る、とてもリズミカルで動きのある絵本なので、まだシーソーデビューしていない1歳の子どもでも楽しめる内容です。1歳であれば、家の中で子どもを持ち上げたり下げたり、パパやママが「ぎったん ばっこん」してあげるのも良いですね!ただの繰り返しではなく、少しずつ動物が増えたり飽きることなく最後のページまで楽しむことができます。

7.『かお かお どんなかお』(こぐま社)

かおかお

顔には目が2つあって、口が1つあって、鼻が1つあって、楽しい顔、悲しい顔、あまーい顔、いたずらな顔などなど、たくさんの表情があります。
そして、1歳の子どもが一番良く目にするのは私たちの顔ですよね。この絵本には、そんな馴染みの深い色んな顔がたくさん描かれています。「おこった かお」を見て「ママの顔はいつもこの顔〜!」なんて子どもに思われないように、いつも「たのしい かお」や「わらった かお」でいたいものですね!ウイスキーのラベルのイラストでお馴染みの、柳原良平さんの絵が柔らかいながらも、とてもセンスが良いです。※ブックッククラブ年少1~2才児(Bコース)配本

8.『おかおに なあれ』(BL出版)

おかおに

クッキー、チョコレート、おせんべい、色んなお菓子を並べたらお顔になった!でも、同時に「食べ物で遊んではいけません!」なんて怒られた経験ありますよね?
そんな禁断(?)な遊びを推奨するわけではありませんが、『かお かお どんなかお』(こぐま社)では、お菓子を並べて色々な表情作りを楽しむことが出来ます。食べ物によって色んな表情の顔が出来ていき、見方を変えることで、身近で好きな食べ物が変身していく様子はとても楽しめます。食べ物で遊ぶのはあまりお行儀の良いことではありませんが、ちょっとだけなら目をつむって、1歳の子どもの想像力を一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?もしかしたら、大人の方が夢中になるかもしれませんよ。

9.『しっぽがぴん』(風濤社)

しっぽがぴん

キツネ、猫、亀、それぞれのしっぽがぴん、しっぽがたらり。とってもリズムが楽しい絵本です。
どこか懐かしく感じる和テイストの画風から、優しさと温かさが溢れ出していて、その独特なユルい世界観にグイグイと引き込まれていきます。しかし、ただユルいだけではなく、繰り返されるリズムが、どことなく三味線や琴などを連想させます。昭和生まれにお爺ちゃん、お婆ちゃんが1歳の孫を膝の上にのせて読んであげる光景が一番しっくりくる1冊です。今年(2015年)に発表されたばかりの絵本ですが、、時代性の問わない内容からも、これからのスタンダードになる予感のする絵本です。

10.『ひなたぼっこです』(絵本館)

ひなたぼっこ

タイトルそのまま、いろんな動物がひなたぼっこにやってきます。
次の動物はなんだろう?その動物の影を見て、子どもは動物を当てることが出来るかな?いろんな動物が仲良く並んでひなたぼっこをする光景は幸せそのもの!1歳ではまだまだひなたぼっこなんて分からないとは思いますが、この気持ち良さは、絵でも十分に伝わるはず。「分かる」、「分からない」を超越した絵本から得られる幸福感を、是非1歳の子どもと一緒に体感しましょう。

まとめ

絵本を読む時には、「1歳なんだし、まだ絵本の内容は理解できないでしょ?」なんて思わずに、一緒に絵本の世界を楽しむことがとても大事です。1歳の子どもは、お話の全てはまだ理解できていなくても、絵本の世界をお父さんお母さんと、一緒にしっかり楽しんでいるのです。

読み聞かせに関しては、『絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ』も是非参考にしてみて下さい。

jotaro2三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • こいのぼり
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊

    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌じゃありませんか? こどもの日…

  • dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s
    入園・入学おめでとう!おすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスです。 子どもたちのなかには、卒園式や卒業式を終えて、新たな生活のはじまりの準備をしている子もいることでしょう。楽しみでワクワクしながらも、少し不安でドキドキしている子どもたちをメルへンハウスは…

  • 5c57951dd95616798b4b0b9b875f9fca_s
    5歳におすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 絵本の楽しみを知った子どもたちは、5歳ぐらいになるとページや文字のボリュームが多い絵本でも、気にすることなく楽しむことができるようになります。そして、いずれは絵本から幼年童話…

  • 3818cdb4b49b27a5d7eb1a2c07951f75_s
    4歳におすすめの絵本10冊

    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。

  • c715bb582a4cc4807884a2592b0c951e_s
    赤ちゃんと一緒に楽しむ絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 メルヘンハウスには、「赤ちゃんと一緒に絵本を楽しみたい!」という新米ママやパパが多くいらっしゃいます。実は僕も新米パパの1人です。毎日、朝と夜に3冊ずつ絵本を読むのですが、本…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索