雨の絵本。おすすめの絵本まとめ。

てるてる坊主

朝起きて窓を開けて、雨が降っているとどんな気持ちになりますか?

「濡れるの嫌だなぁ。」
「傘さすの面倒だなぁ。」

なんていう声が聞こえてきそうです。

特に、梅雨の時期になると雨の日が何日も続いたり…でも、雨だからといって暗い気持ちになるのは勿体ないですよね。今回は、そんな雨をテーマに選りすぐりの絵本をご紹介します。
絵本には意外と雨の絵本が多いですし、雨の日でも楽しい気持ちにしてくれるお話がたくさんあります。

雨の日ならではの楽しみ方として、家でゆっくり雨の絵本でも読んでみてはいかがでしょう?

1. 歌から生まれた絵本
『にじ』(全年齢)

にじ

この絵本の表紙には、新沢としひこ「詩」、あべ弘士「絵」とあります。「作」ではなく「詩」。そう、この絵本は「詩(歌)」が元になっているんです。
元の歌を知らなくても、この世界感にスーッと入っていけるのは、きっとあべ弘士さんの絵によるものでしょう。色々な動物たちが、彩り豊かな自然の中でのびのび活き活きとしています。多くを語らず、元気になってほしい人へのプレゼントとしても、とても喜ばれます。

2. 繰り返しのリズムが楽しい!
『あめぽったん』(赤ちゃん~)

あめぽったん

色んなところに落ちる雨。そこに、雨が好きな色んな生き物が顔を出します。「あめあめぽったん あめぽったん」という繰り返しのリズムが楽しい、小さい子向けの絵本です。雨の日に膝の上に子どもをのせて読んであげて下さい。きっと雨の日になると、子どもは「あめあめぽったん あめぽったん」と言いながら雨を楽しむようになるでしょう。雨の日の、絵本を通したコミュニケーションに最適な絵本です。

3.優しい気持ちになれる絵本
『コッコさんとあめふり』(3歳~)

こっこさん

コッコさんは毎日雨が降っているので、てるてる坊主を作りました。しかし、雨はやまないので、なかに手紙をいれてお願いをしたり宝物を入れたりします。それでも、雨は止みません。雨が止まない理由は、てるてる坊主が疲れているからだと思ったコッコさんは・・・。
コッコさんとてるてる坊主の関係がとてもハートウォーミングな絵本です。自分以外の人やモノを思いやる気持ちをそっと教えてくれるので、子どもたちに優しい気持ちで読んであげたい絵本です。心にシクシクと雨が降っていたとしても、きっと読み終わった頃には雨もあがりスッキリすることでしょう。

4. 小さくキレイな世界
『みずたま レンズ』(4歳~)

みずたま

「水玉ってこんなにキレイだったのか!」と、ページをめくる度に驚く写真絵本です。写真絵本ってなに?という方もいらっしゃると思いますが、写真絵本とは単純に絵ではなく写真で構成されている絵本のことです。蜘蛛の巣や花についている水玉や、地面に落ちて跳ねたり、カエルのジャンプしたりする時の水玉が出来る瞬間など、小さな自然界の美しい景色が広がります。また、水玉を通して見る世界は不思議さと美しさが共存しています。普段、あまり気にかけず、じっくり見たり考えたりしない水玉に目を向けるだけで、いつもとは違う新鮮な喜びや楽しさを発見できます。

5. 時代を問わない雨の絵本の名作
『おじさんのかさ』(4歳~)

おじさんのかさ

大切にしているモノを初めて使う時って、ちょっと緊張したり、躊躇してしまうことってありませんか?
絵本に出てくるおじさんも、傘が濡れないように、雨の日は雨宿りをしたり、傘を抱いて走ったり。雨が止まない時は、傘を持っている人に入れてもらったりして、自分の傘をさすことはありません。そんなおじさんがふとしたことがキッカケで傘をさすことに。はたして傘をさしたおじさんは?
作者の佐野洋子さんは、『100万回生きたねこ』の作者でも有名ですが、絵本好きの方の中には「雨といったらこの絵本!」とこの絵本を挙げる方が多い名作絵本です。いつの時代も色褪せることのない普遍性のある雨の絵本を是非楽しんでみて下さい。

6. 言葉のない雨の絵本
『雨、あめ』(5歳~)

雨

この絵本には何と文章がありません。しかし、文章がなくともストーリーがしっかりと浮かんでくるから不思議です。家の庭で兄弟が仲良く遊んでいるところに雨が降ってきます。兄弟は急いで家の中に入り、そのまま家の中で遊ぶと思いきや、まるで雨が降るのを「待ってました!」と言わんばかりに、ものすごい勢いでレインコートを着て傘を持って雨のなかを出かけます。ここには雨の日の憂鬱な感じなんてひとかけらも感じません。雨の日の一日の生活が瑞々しい絵のタッチで描かれているので、子どもたちだけでなく、雨だと憂鬱に感じてしまう大人にもお勧めの1冊です。

7. 逆転の世界を楽しもう!
『カエルのおでかけ』(5歳~)

カエルのおでかけ

カエルの世界は人間界とは正反対。雨がザーザー降っていれば、それはカエルにとって良い天気!雨の中を傘をさすことなく楽しく出かけます。雨で水浸しになった公園でハンバーガーを食べたり、お昼寝したりと、カエルは雨を存分に楽しみます。
第19回日本絵本賞を受賞している絵本です。受賞しているから良い本というわけではないですが、それだけの面白さがギューっと詰まっています。見所は、ちょっと変わった独特の奥行き感で、とても魅力的でクセになってしまいます。ちょっと捻くれた子どもたちに熱い支持を受けること間違いなしの絵本です。

8. 理科に興味を持っている子どもたちへ
『雨がふったら、どこへいく?』(小学校低学年~)

雨がふったら

タイトルを読んで、「えっ?」と思った方もいるのではないでしょうか。普通は「雨がふったら今日は出かけるのをやめよう。」となりますよね。でも、この絵本は雨がふったから何処かへ出かけて行くという訳ではありません。水槽の水草を取りに沼にでかけるステフとふたごのリュックとマリオンが、道中出会う動物たちが雨が降った際にどのようにしているか?どこにいくのか?をとても細かい描写で描いている絵本なんです。絵本の最後には雨が降る理由や、植物や昆虫などのちょっとした雑学があり、理科好きの小学生におススメの絵本です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
雨をテーマにした絵本がこんなにある事に驚いた人もいるかもしれませんね。

雨の日に、雨の絵本を読む。おススメの雨の日の楽しみ方です。
ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • こいのぼり
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊

    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌じゃありませんか? こどもの日…

  • dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s
    入園・入学おめでとう!おすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスです。 子どもたちのなかには、卒園式や卒業式を終えて、新たな生活のはじまりの準備をしている子もいることでしょう。楽しみでワクワクしながらも、少し不安でドキドキしている子どもたちをメルへンハウスは…

  • 5c57951dd95616798b4b0b9b875f9fca_s
    5歳におすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 絵本の楽しみを知った子どもたちは、5歳ぐらいになるとページや文字のボリュームが多い絵本でも、気にすることなく楽しむことができるようになります。そして、いずれは絵本から幼年童話…

  • 3818cdb4b49b27a5d7eb1a2c07951f75_s
    4歳におすすめの絵本10冊

    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。

  • c715bb582a4cc4807884a2592b0c951e_s
    赤ちゃんと一緒に楽しむ絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 メルヘンハウスには、「赤ちゃんと一緒に絵本を楽しみたい!」という新米ママやパパが多くいらっしゃいます。実は僕も新米パパの1人です。毎日、朝と夜に3冊ずつ絵本を読むのですが、本…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索