第96回「絵本でのコミュニケーション」

だいぶ寒くなりましたね。

10月に入りました。最近は朝晩冷えていたのですが、ずっと半袖でいました。しかし、もう限界!昨日から長袖シャツを引っ張り出してきて着ています。そしたら今日は半袖で良いぐらい良い天気・・・。そんなもんだと思います。

前にも「日記みてますよ!」って店でレジをしているときに言われて励みになるということを書きましたが、昨日はお電話にて仰ってくれるお客さんがいてとても嬉しかったのです。それも、こちらがご迷惑をおかけしてしまっている事でご連絡したにも関わらず、そう仰っていただいたことが嬉しくて嬉しくて、お会いしたことのない人とも、この日記を通じて繋がっているんだなぁと思ったりしたのでした。

インターネットの使い方

インターネットがあれば、世界中の誰とでもコンタクトを取ったりすることができます。それは今まで不可能だったことが可能になったりして便利ではありますが、最近、突然その便利さがものすごく不安になることがあります。不安というか恐怖です。ネットでの色々な情報に対して、ネットのなかだけで意見が交わされ終わってしまう怖さ。そして、匿名など誰だかわからない人の意見が溢れ、情報も果たしてどれが正しくて間違っているのかもわからなくなる。自分をしっかり持っていないと安易にネットのなかだけで流されてしまう。そう思って、Facebookを開くのも怖かったり、でも、情報は得たいし・・・揺れに揺れています。

絵本の紹介などもインターネット上でもたくさんあります。実際にメルヘンハウスでもスマートフォンをレジまで持ってきて、「この本ありますか?」と画面を見て確認されるお客さんも多くなりました。そして、私たちもこうやって情報発信をしています。本の紹介とはなかなか難しいものです。例えば3才の子ども!といってもみんな違うのです。男の子?女の子?興味があるものは?好きな食べ物は?好きな色は?なんて言い出したらキリがありません。 なので、お店で実際にお客さんと会話をして色々な本をご案内するのはものすごく楽しいのです。

実際に話しているようにできないものか?

インターネットでの不特定多数の人にご案内するのも、メルヘンハウスの店内で実際にお客さんと話しているかのようにできないかなぁ?なんて頭を悩ましています。まだまだですが、おススメの絵本特集でそんなことを試みているのですが、少しでも皆さんの参考になれば良いなぁなどと思ってやっています。少し偏りがあるかもしれませんが、実際にメルヘンハウスでお客さんと接してきたうえでの経験を元に書いています。良かったら覗いてみてくださいね。

そうそう、今日はお昼に出ようと思ったら東京の出版社の方がフラッと寄ってくれました。そのまま名古屋といえばコメダ珈琲にて談笑。児童書の出版社の方ではないので、わざわざ会いに来てくれたことが嬉しかったです。東京の出版社で勉強していた時代に出会った方で、音楽の趣味も合うし年代もちょっと先輩ですが話やすいので、短い時間ではありましたが良い昼休みとなりました。

色んなことにトライ&エラーをしながら日々を一生懸命過ごしています。色んな方々に迷惑もかけながら、色んな方々に励まされながら、色んな方々に感謝しながら、一日一日を大切に丁寧に生きていきたいと思います。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索