秋の絵本!ハロウィンに読みたい絵本10冊

みなさん、こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。

秋は色々な行事やお祭りがたくさんありますが、そのなかで毎年10月31日に行なわれる仮装するお祭りといえばハロウィン(ハロウィーン)ですね!

仮装して友達とパーティーをしたり、街へ繰り出したり、ちょっと前までは海外だけのお祭りと思っていましたが、最近では日本でも定番のお祭りになりました。

そんなハロウィンを絵本でも楽しみませんか?ハロウィンに読みたくなる、おすすめの絵本を10冊ご紹介します。

1.ずっと愛されている絵本シリーズ『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』

『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』 M.&H.A.レイ/原作 福本友美子/訳 岩波書店

『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』
M.&H.A.レイ/原作
福本友美子/訳
岩波書店

絵本にあまり詳しくなくても、「おさるのジョージ」シリーズの絵本はご存知の方が多いのではないでしょうか?かわいいいけど、ちょっといたずらっ子のおさるのジョージが、今回はハロウィーン・パーティーにおでかけします。はじめての仮装がとても嬉しくてジョージも大興奮!かぼちゃの中のロウソクに火を燈したり、最後はご褒美をもらったり、ハロウィーン・パーティーを満喫します。「おさるのジョージ」シリーズで描かれている絵本はどれも子どもたちに大人気です。それは、きっと子どもたちがジョージの行動に共感することが多いからでしょう。出来ればシリーズ全部を手元に置いておきたい絵本です。

2.ハロウィンのことを楽しく知ろう!『ハロウィン ドキドキ おばけの日』

『ハロウィン ドキドキ おばけの日』 ますだ ゆうこ/作 たちもと みちこ/絵 ぶんけい

『ハロウィン ドキドキ おばけの日』
ますだ ゆうこ/作
たちもと みちこ/絵
ぶんけい

「ハロウィンって何?」という疑問にとても詳しく丁寧に紹介された絵本です。怖がりの男の子レイが、同じく怖がりのおばけシェイクと一緒に、いじわるなちびドラキュラのブルートをやっつけるため、ハロウィンの準備をします。ところでジャックオーランタンってご存知ですか?あのカボチャのランプのことなんです。こんな豆知識やハロウィンにおススメの料理など、お話の途中や巻末で詳しく紹介されています。さらにハロウィンを楽しむために描かれたありそうでなかった絵本。「なんとなく」ではなく、意味を理解したうえで迎えるハロウィンは、一段と楽しみが増すことでしょう。秋の絵本らしいオレンジ色の表紙もとてもカラフルで、読む前からワクワクします。

3.カボチャの一生を写真で。『パンプキン』

『パンプキン』 ケン・ロビンズ/写真・文 千葉 茂樹/訳 BL出版

『パンプキン』
ケン・ロビンズ/写真・文
千葉 茂樹/訳
BL出版

ハロウィンというよりはカボチャに関する写真絵本です。主なるお話の主人公はカボチャ。畑に種がまかれるときから物語ははじまります。葉っぱが顔をのぞかせ、花が咲き、根元はふくらみ、夏が過ぎると畑一面にカボチャが顔を出す。風合いのある写真で、そんなカボチャの成長を追っていきます。ハロウィンがメインではありませんが、「おばけランタン」を作る過程も写真で説明されています。そして、ハロウィンも終わり11月になると、畑はすっかり寂しくなり・・・。なんだかカボチャの一生のアルバムを開いているようです。

4.魔女になりたい子に!『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』

『魔女図鑑』 マルカム・バード/作・絵 岡部 史/訳 金の星社

『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』
マルカム・バード/作・絵
岡部 史/訳
金の星社

魔女が主人公の絵本です。絵本といっても、タイトル通り図鑑に近いボリュームなので、子どもだけでなく、大人も一緒に楽しめます。魔女ってどんな生活をしているの?どんなことをしているの?魔法ってどうやってかけるの?子どもたちの疑問に全て答えてくれるのがこの絵本です。もちろん、ハロウィンについても魔女が一番楽しみにしているお祭りとして詳しく紹介されています。子どもがこの11のレッスンを全て習得してしまったら魔女になれるかも?「魔女になりたい!」なんて子どもにおススメの絵本です。

5.車好きの子どもたちへ。『モリくんのハロウィンカー』

『モリくんのハロウィンカー』 かんべ あやこ/作 くもん出版

『モリくんのハロウィンカー』
かんべ あやこ/作
くもん出版

電車や車好きの子どもたちにおススメのハロウィンの絵本です。それは何故かって?このお話に登場するかぼちゃの特製ランタンは、車で出来ているいのです。こうもりのモリくんが作ったハロウィンカーで、友達と一緒に森の家々を訪ねお菓子をたくさん貰いにいきました。しかし、食いしん坊のねずみの兄弟がつまみ食いをしていくうちに・・・。「ハロウィン?」と、あまりハロウィンに関心がない子どもでも、ハロウィンカーという車からハロウィンに興味を持つことでしょう。

6.女の子のカワイイ世界。『ハロウィンのランプ』

『ハロウィンのランプ』 小林 ゆき子/作・絵 岩崎書店

『ハロウィンのランプ』
小林 ゆき子/作・絵
岩崎書店

おばけのハロウィンパーティーに紛れてしまった女の子のお話です。ジーナは自分で作ったハロウィンランプを持って、街へお菓子をもらいにいきますが、出遅れてしまったため、どの家からもお菓子をもらうことができません。がっかりしながら歩いていると、魔女の女の子とぶつかり一緒にパーティーにいくことに。そこでは・・・。学校という現実の世界と、おばけのハロウィンパーティーという夢の世界が、かわいく優しいタッチの絵で描かれてます。女の子におススメのハロウィンの絵本です。

7.ため息がでるほど美しい『ハロウィーンの星めぐり「夜に飛ぶものたち」』

『ハロウィーンの星めぐり』 ウォルター・デ・ラ・メア/詩 カロリーナ・ラベイ/絵 海後 礼子/訳 岩崎書店

『ハロウィーンの星めぐり』
ウォルター・デ・ラ・メア/詩
カロリーナ・ラベイ/絵
海後 礼子/訳
岩崎書店

ハロウィーンの夜を美しい詩で表現されている絵本です。ハロウィーンのイメージカラーとして真っ先に浮かぶのは、かぼちゃのオレンジ色だと思いますが、この本ではあまり登場しません。そして、極端にいうならばハロウィーンの本というよりは、星座にまつわる絵本としての紹介がふさわしいかもしれません。魔女たちが様々な星座を抜けて、街へ降り立ちます。静かにゆっくりと丁寧にページを開きたくなるような絵本です。子どもには寝る前の読み聞かせに、大人はハロウィーンのプレゼントに最適な絵本です。

8.秋という季節の喜びを!『きんいろのとき』(ほるぷ出版)

『きんいろのとき』 アルビン・トレッセルト/文 ロジャー・デュボアザン/絵 えくにかおり/訳 ほるぷ出版

『きんいろのとき』
アルビン・トレッセルト/文
ロジャー・デュボアザン/絵
えくにかおり/訳
ほるぷ出版

秋という季節が美しい絵と文で表現された絵本です。森の収穫、落ち葉、果樹園での収穫、オリオン座の瞬き、紅葉、そしてハロウィンがあり、秋の終わりには感謝祭があります。ハロウィンの夜が、あたかも秋の自然の一部のように描かれており、秋という季節そのものの喜びを、めいっぱい感じることができ、人間の営みはすべて自然の一部であることをそっと教えてくれているようです。この秋にあった出来事を振り返りながらページをめくっていくと、なんだか心が温かくなり穏やかな気持ちになる絵本です。

9.あの有名な絵のオマージュ?『おばけパーティ』

『おばけパーティ』 ジャック・デュケノワ/作 おおさわ あきら/訳 ほるぷ出版

『おばけパーティ』
ジャック・デュケノワ/作
おおさわ あきら/訳
ほるぷ出版

おばけの晩餐会の絵本です。おばけたちは食べものや飲みもので色がどんどん変わっていきます。緑のカクテルと飲めば緑に、かぼちゃのスープを飲めばオレンジに、サーモンを食べればピンクに、スペシャルメニューを食べると透明に!おばけの愉快な晩餐会の様子が描かれています。その画面構図からいってレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のオマージュに感じるのは僕だけでしょうか?是非とも見比べてみてください。そんなことも楽しいサイズも小さめな絵本です。

10.無条件に面白い!『しゃっくりがいこつ』

『しゃっくりがいこつ』 マージェリー・カイラー/作 S・D・シンドラー/絵 黒宮純子/訳 らんか社

『しゃっくりがいこつ』
マージェリー・カイラー/作
S・D・シンドラー/絵
黒宮純子/訳
らんか社

子どもも大人も大笑いの絵本です。みなさんはしゃっくりが出るとどのようにして止めますか?水を逆さに飲んだり、驚かしてもらったりと、人それぞれの止め方があると思います。しゃっくりが止まらないがいこつも、オバケに教えてもらって息を止めたり、砂糖を食べたり、指で目玉を押さえたり、もちろん水を逆さに飲んだり、驚かせてもらったりもしますが止まりません。そして、最後にオバケがひらめいた、がいこつのしゃっくりの止め方とは?そう、この絵本はがいこつがしゃっくりを止めるお話で、ハロウィンのお話ではありません。しかし、「ヒック ヒック」としゃっくりをしながら、かぼちゃ提灯を作る様が可笑しくて紹介することにしました。細かいことは抜きにして、大いに笑ってください!

まとめ

いかがでしたか?面白く可笑しい絵本、しっとりと静かで雰囲気のある絵本、子どもに読み聞かせしたり、秋の夜長に静かにページをめくったり、それぞれのシチュエーションでハロウィンの絵本を楽しみ、秋を存分に満喫してくださいね!

想像が広がったカードの横で三輪丈太郎 
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

 

 

 

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • こいのぼり
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊

    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌じゃありませんか? こどもの日…

  • dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s
    入園・入学おめでとう!おすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスです。 子どもたちのなかには、卒園式や卒業式を終えて、新たな生活のはじまりの準備をしている子もいることでしょう。楽しみでワクワクしながらも、少し不安でドキドキしている子どもたちをメルへンハウスは…

  • 5c57951dd95616798b4b0b9b875f9fca_s
    5歳におすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 絵本の楽しみを知った子どもたちは、5歳ぐらいになるとページや文字のボリュームが多い絵本でも、気にすることなく楽しむことができるようになります。そして、いずれは絵本から幼年童話…

  • 3818cdb4b49b27a5d7eb1a2c07951f75_s
    4歳におすすめの絵本10冊

    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。

  • c715bb582a4cc4807884a2592b0c951e_s
    赤ちゃんと一緒に楽しむ絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 メルヘンハウスには、「赤ちゃんと一緒に絵本を楽しみたい!」という新米ママやパパが多くいらっしゃいます。実は僕も新米パパの1人です。毎日、朝と夜に3冊ずつ絵本を読むのですが、本…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索