食欲の秋!やきいものおすすめ絵本10冊

みなさん、こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。

朝晩が冷え込む日が多くなってきました。あと1ヶ月もすると紅葉がはじまり、落ち葉も増えてくることでしょう。

そんな落ち葉を使った「食欲の秋」の楽しみといえば?そう、やきいもです!甘くてホクホクのやきいもを寒空の下で頬張る幸福感といったらありません。

今回はそんな秋の味覚、やきいものおすすめ絵本を10冊紹介します(1冊はやまいもの絵本の紹介です)。お楽しみに!

1.『やきいもするぞ』

『やきいもするぞ』 おくはら ゆめ/作 ゴブリン書房

『やきいもするぞ』
おくはら ゆめ/作
ゴブリン書房

森の動物たちがやきいもを楽しむ絵本です。落ち葉を集めて、おいもを掘って、落ち葉に火をつけて・・・「やきいもするぞ エイエイオー!」。焼き上がったやきいもをみんなで食べていると、次々とおならが!やきいもはいつしか「おならたいかい」へ。さて、優勝者は?和を感じる絵とコミカルなお話のバランス感覚が絶妙な絵本で、タイトルからも伝わってきますが、お話の最後まで勢いがあります。元気良くリズミカルに大きな声を出して読みたい絵本です。

2.『いもいも ほりほり』

『いもいも ほりほり』 西村敏雄/作 講談社

『いもいも ほりほり』
西村敏雄/作
講談社

ぶたの兄弟がいもほりをする絵本です。お腹をすかせたぶたの兄弟が空を見ていると、雲がいもに見えました。「そうだ、いもほりに いこう!」とぶたの兄弟は、途中で出会ったねずみと一緒にいもほりに出かけます。はたけに着いて早速いもほりをしますが、いもばたけではないので、全くいもが掘れません。そこで、もぐらに教わったやぎじいさんのいもばたけで元気にいもほりのお手伝いをすることに。いもの掘り方、いもの形なども優しい絵で紹介されているため、これからいもほりに出かけるという子どもたちにおすすめの絵本です。

3.『ばばばあちゃんの やきいもたいかい』

『ばばばあちゃんの やきいもたいかい』 さとう わきこ/作 福音館書店

『ばばばあちゃんの やきいもたいかい』
さとう わきこ/作
福音館書店

大人気の「ばばばあちゃんの絵本」シリーズのやきいも編です。豪快なばばばあちゃんが今回もやきいもで大活躍!落ち葉を集めて焚き火をはじめたばばばあちゃん。焚き火は暖かいだけじゃなく、やきいもをする楽しみがあることを子どもたちに教えます。そうすると子どもたちが果物を焼きだしたり、ついにはパンやカステラやチーズ、おもちなど盛り沢山に!おなかいっぱいになった後に、ばばばあちゃんが残った食べ物で作ったものとは?いもだけでなく色んな食べ物が登場する、ワイワイ賑やかで楽しい絵本です。

4.『ねずみのいもほり』

『ねずみのいもほり』 山下 明生/作 いわむら かずお/ 絵 ひさかたチャイルド

『ねずみのいもほり』
山下 明生/作
いわむら かずお/ 絵
ひさかたチャイルド

7つごのねずみたちが、いもほりたいかいにでかける絵本です。この絵本は、いもほりたいかいは勿論のこと、その行きと帰りの様子がとても楽しく面白いのです。お父さんが作ってくれたいもほりスコップで、飛んだり滑ったり、でんしゃごっこをしたり、スコップをケーブルカー代わりにしたりと、行きの様子だけでもこんなに楽しいことが満載!帰りは掘ったいもを使って◯△※⊿・・・。よく遠足で「帰るまでが遠足です!」なんて先生から注意を受けたりしますが、行きから帰りまで全てを楽しめる絵本です。さあ、気になるいもほりたいかいの順位は?

5.『やきいもの日』

『やきいもの日』 村上康成/作 徳間書店

『やきいもの日』
村上康成/作
徳間書店

ケンカした2人の女の子が、やきいもを食べて仲直りするお話です。りっちゃんはれいちゃんと大げんかをして、さっきまで一緒に遊んでいた公園の落ち葉を集めてもぐりこみます。そうすると、小さい時のれいちゃんとの記憶が蘇り、いつしか眠ってしまいます。そこに犬のナッツがやってきて一緒に帰ることに。そこにはおじいちゃんと一緒に焚き火をしているれいちゃんが。けんかをして気まずい2人が、焚き火の煙を浴びたり、やきいもを半分こしたり、少しずつ離れていた距離が縮まっていくのが、絶妙な間で表現されています。全ページの背景がオレンジや朱色ということもあり、秋を感じながら心温まる1冊となっています。

6.『いもほり』

『いもほり』 はまのゆか/作 ほるぷ出版

『いもほり』
はまのゆか/作
ほるぷ出版

畑でダイナミックにいもほりをするお話です。自然に親しんでいる女の子あきちゃんと、虫が怖い男の子はるくんは従兄弟。2人で知恵と力を合わせて、おじいちゃんの畑でいもほりをします。ちょっと年上のあきちゃんがはるくんをリードして、いもほりをしようとしているのがとても心強く、兄弟でもなく友達でもない従兄弟という距離感がうまく表現されています。そして、絵の迫力が表紙からも伝わっていると思いますがものすごくあります。しかし、その反面では繊細に描かれているところもあり、力強さと優しさが共存した絵本です。

7.『いもほりきょうだい ホーリーとホーレ』

『いもほりきょうだい ホーリーとホーレ』 石井 聖岳/作・絵 農文協

『いもほりきょうだい ホーリーとホーレ』
石井 聖岳/作・絵
農文協

この絵本はやきいものお話ではなく、やまいもを掘る兄弟のお話ですが、とっても楽しいお話なので紹介することにしました。いもほりきょうだいのホーリーとホーレが山にやまいも掘りにでかけます。まずはやまいもの葉っぱ探しから。いろんな葉っぱを、あれでもない、これでもないと探していくと弟のホーレが見つけました。さあ、やまいも掘りのはじまりです!ザックザックと掘り進めて、木の根っこより、もぐらの家より深く続いています。ようやくやまいもが石とぶつかっている底にきたと思ったら・・・。どこまでも深く伸びている、やまいもの先っぽを目指す2人の果てしなき冒険が楽しい絵本です。

8.『もぐらのホリーともぐらいも』

『もぐらのホリーともぐらいも』 あさみいくよ/作 偕成社

『もぐらのホリーともぐらいも』
あさみいくよ/作
偕成社

もぐらとおいもの地下でのお話です。もぐらのホリーが食べるものを探して地下を掘っていると、兄弟と離ればなれになってしまったおいもがいました。ホリーはおいもを“もぐらいも”と名付け、一緒にお茶をしたり、地下水で水遊びしたり、トンネルで滑り台をしたり、仲良しになります。季節は冬から春に変わり、“もぐらいも”が元気がありません。必死に看病するホリーでしたが・・・。地下で繰り広げられる友情物語にホロッときますが、最後は感動間違いなしの絵本です!

9.『さつまのおいも』

『さつまのおいも』 中川ひろたか/文 村上康成/絵

『さつまのおいも』
中川ひろたか/文
村上康成/絵

人気シリーズ「ピーマン村の絵本たち」の1冊です。おいもは土の中で生活し、ご飯も食べるし、歯も磨きます。トイレにもいくし、お風呂も入る。まるで人間の生活と同じです。しかし、ちょっと変わっているのは、みんな一生懸命泳いだり、走ったり、腕立て伏せをしたり、体力作りをしていること。その理由は、おいものはたけにきた子どもたちとのつなひきをするため。さあ、勝つのはどっち?いもほりを綱引きに見立てたお話が面白い絵本です。このシリーズは、どの本もこのような奇想天外ながらも、その発想に思わず唸ってしまうような驚きがたくさんあるため、全シリーズを集めたくなってしまいます。※メルへンハウスブッククラブ年少3・4才児(Dコース)のプログラムにも入っています。

10.『おおきな おおきな おいも』

『おおきな おおきな おいも』 赤羽末吉/作・絵 福音館書店

『おおきな おおきな おいも』
赤羽末吉/作・絵
福音館書店

幼稚園のみんなで大きなおいもを描いて遊ぶお話です。雨が降ったため、いもほりえんそくが雨のため1週間延期になってしまいます。楽しみにしていた子どもたちはとてもがっかりしますが、1週間後に大きくなっているおいもを想像して、みんなでおいもを描くことにします。個人的な話ですが、僕がとても好きなお話で、子どもの頃に何度も読み返した覚えがあります。サイズも絵本サイズではなく、幼年童話の読みもののようですが、4才ぐらいから楽しめるお話です。色は白地に黒の線とおいもの紫のみで描かれています。子どもの自由な発想と雰囲気が本から溢れ出しています。

まとめ

読んでいるだけで、いもほりをしたくなったり、やきいもを食べたくなったのではないでしょか?

みなさん、今年の「食欲の秋」は、やきいもを食べるのを忘れずに!

想像が広がったカードの横で三輪丈太郎 
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • こいのぼり
    こいのぼりの絵本。おすすめの絵本5冊

    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 「こいのぼり」のお話と言われて、すぐ思い浮かぶものってありますか?」「もちろん!」そう答えたあなた・・・ひょっとして、それって「こいのぼり」の歌じゃありませんか? こどもの日…

  • dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s
    入園・入学おめでとう!おすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスです。 子どもたちのなかには、卒園式や卒業式を終えて、新たな生活のはじまりの準備をしている子もいることでしょう。楽しみでワクワクしながらも、少し不安でドキドキしている子どもたちをメルへンハウスは…

  • 5c57951dd95616798b4b0b9b875f9fca_s
    5歳におすすめの絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 絵本の楽しみを知った子どもたちは、5歳ぐらいになるとページや文字のボリュームが多い絵本でも、気にすることなく楽しむことができるようになります。そして、いずれは絵本から幼年童話…

  • 3818cdb4b49b27a5d7eb1a2c07951f75_s
    4歳におすすめの絵本10冊

    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。

  • c715bb582a4cc4807884a2592b0c951e_s
    赤ちゃんと一緒に楽しむ絵本10冊

    こんにちは!メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 メルヘンハウスには、「赤ちゃんと一緒に絵本を楽しみたい!」という新米ママやパパが多くいらっしゃいます。実は僕も新米パパの1人です。毎日、朝と夜に3冊ずつ絵本を読むのですが、本…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索