第20回「メルヘンハウスが「シンガク塾」を始める!?」

シンガク塾をはじめる!?

子どもの本専門店は、やはりだめだったのか?漫画や雑誌を置かない子どもの本専門店なんて夢だったか?進学塾を始めるのも無理もないだろう……。前の一文を最初に目にした心ある人は、きっとこんなことを思ったに違いない。事実、25年ほど前はそれに近い経営状況だったけれど、楽しいことがいっぱいできたのもこのころだった。

シンガクに漢字を当てはめると。当然のごとく「進学」となりますが、「真学」があってもいいと思いました。真に学ぶことは楽しいことだと日ごろから思っていたので、ジャンルにとらわれず面白いことをみんなでやってみたいと思いました。それを名付けて「真学塾」としました。対象は3年生以上大人まで。定員は店に入れるだけ。もちろん参加費無料。

それぞれの分野で面白がって、楽しく仕事をしている友だちに講師をお願いしました。どんなに難しいテーマでも下限は小学校3年生に分かるように、そして楽しく話していただくよう注文を付けてお願いしました。もちろん謝金なしのボランティアでお願いしました。

真に学ぶ場所を。

まずお話をしてくれたのは、貿易業をしている先輩で「円高ドル安・円安ドル高を体験しよう」と、USドルと日本円を持ちこんで架空の取引をやってくれました。初回としては大成功。「高い安いは、貨幣価値の事なんだ」と大人も含めて皆納得。

金平糖のあの角に興味を抱いた大学の数学教授による「金平糖の統計学的研究」は、大好評で金平糖をつくる数少ない菓子工場の見学にまで発展しました。そして所用で来店し、偶然そこに居合わせた出版社の編集長が感動し、『おーい、コンペートー』という本の出版まで実現しました。

高校生の講師もありです。一年のアメリカ留学から帰ったばかりの女子高生のアメリカでの生活体験記は、参加した子どもたちの質問がいっぱいで盛り上がりました。これも偶然そこに居合わせたシンガーソングライターの小室等さんも感激して、何曲か歌ってくれました。何千円もするコンサートをたった十何人かであじわう素敵なご褒美つきでした。

このほか、町の電気屋さんの電気のおもしろい話。8ミリフィルム映写機に魅せられた本屋の番頭さんのロマン溢れるお話とフィルム観賞会などと続いていきます。

残念なことに店の改装や蔵書量の増加などで今は続けることができていませんが、参加者の子どもの目の輝きは忘れられません。機会があれば、「真学塾」を再開したいと思っています。

代表 三輪哲

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第40回「子どもの本で、戦争と平和を考える」

    毎年、この時期の恒例のコーナー 毎年8月になると、店内ブックメニューのコーナーは、「子どもの本で、戦争と平和を考える」となります。開店以来毎年ですから40回以上継続している企画です。戦後も70年余となりますと、戦争経験者…

  • %e6%9c%ac%e5%b1%b1%e5%ba%97%e8%88%972
    第39回「すべてのものに生命を」

    パペット(人形)で遊ぶ子どもたち メルヘンハウスに入ってすぐのところに絵本のキャラクターのパペット(人形)がいくつか置いてあります。子どもたちの集中力がなくなってきた時、パペットで遊んで一息入れる役目を果たしています。 …

  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第38回「ヤングアダルトおすすめの難しさ」

    読者と本を橋渡しする仕事 小学上級から中学生ぐらいになると、「おじさん、この間すすめてくれた本、とてもおもしろかったよ。おじさんが教えてくれなかったら、きっと読まずに行ってしまったと思うよ」、こんなお礼を言われることがあ…

  • %e6%9c%ac%e5%b1%b1%e5%ba%97%e8%88%972
    第37回「ロングセラーは子どもがつくる」

    大人にとっての難しい絵本の一冊 僕の大好きな絵本に、『もこ もこもこ』(文研出版)があります。大型絵本、見開き一画面の色鮮やかな抽象画、「しーん」、「もこもこ」、「にょき」、「もぐもぐ」……などの擬態語だけで構成されてい…

  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第36回「子どもはお話づくりの名人」

    小学校4年生の仲良し3人組の女の子 メルヘンハウスは、当初東山動物園のそばにありました。 大人の足で歩いて10分あれば行ける距離です。近くには同じ名前の東山小学校がありました。店には動物園帰りの親子や、東山小学校の子ども…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索