出久根育『おふとんのくにの こびとたち』原画展開催&インタビューです。

心も体も暖かくなる絵本です。

『おふとんの くにのこびとたち』 おち のりこ/作 でくね いく/絵 偕成社

『おふとんの くにのこびとたち』
おち のりこ/作
でくね いく/絵
偕成社

独特の世界観をもつ出久根育さん。どの作品も繊細で緻密で細かく丁寧に描かれたものばかりですが、このたびはこの季節にぴったりの『おふとんのくにの こびとたち』(偕成社)の原画展です。

実は、今回はこの原画展の為に、現在お住まいのチェコのプラハより貴重な原画を送っていただきました。どの原画も優しく丁寧に描かれた繊細な世界が広がります。そして、原画を見ていると自然に心と体が暖かくなってきます。少し寒くなってきたこの時期に、出久根さんの素晴らしい絵で暖まりませんか?

原画展会期
2015年11月5日(木)~11月29日(日)

会場
メルヘンハウス2Fギャラリー

今回の原画展の開催に伴い、出久根さんにメールインタビューをしました。是非ともお読みください。

出久根育さん(自画像)

出久根育さん(自画像)

Q:メルヘンハウスでは、2013年10月に『かえでの葉っぱ』(理論社)の原画展を
させていただきました。あれからちょうど2年ですが、今回の『おふとんの くにの こびとたち』の原画展で「ここをみてほしい!」など何かありましたら教えてください。
A: 「かえでの葉っぱ」の原画展では大変お世話になりありがとうございました「おふとんのくにのこびとたち」 はとても気に入っている作品のひとつです。
ここでは、こびとさんたちひとりひとりの表情や、こびとさんたちがどんな材料や道具を使ってどうやって熱冷まし機を作っているのかという、細かいところを見て楽しんでいただけたらと思って描きました。
小人さんたちがにぎやかに食事を囲んでいる場面では、私の住んでいるチェコの伝統料理やお菓子などが描かれています。そこもぜひ見ていただきたいです。

Q:画材や手法など作品によって異なるとは思いますが、『おふとんの くにの こびとたち』で使用している画材や手法、そして、何故それを選ばれたのか?回答可能な範囲でお伺いできますか? 
A:画材は、たしかガッシュだったと思います。発色の良い絵の具なので、明るい雪の日を描くのに良いかと思いました。白い雪景色をきれいに見せたいので、あまり重ね塗りをせずに白い紙を生かして描こうと思いました。

Q:出久根さんの作品は、そのほとんどが文章は違う方が書かれていていますが、作家の方とはどのようなやり取りをしながら、1冊の本が完成していくのですか?
A:「おふとんのくにのこびとたち」を作ることになったのは、作者の越智典子さんと、コミックスのようにコマ割の絵本に挑戦してみたら面白いのではないか、というお話をしていたことがきっかけです。
しばらくして、越智さんがこの「おふとんのくにのこびとたち」のお話を考えてくださって、私のところへまず文章のみの原稿が届きました。絵だけで展開をしてゆく構想で、ト書きのようなものでした。
そこから、越智さんのアイディアや自分のアイディアを盛りこんでふくらませながら、コマ割のスケッチを起こしていって、それを越智さんや編集者さんに見ていただきながらいっしょにつめていきました。
熱冷まし機の構造は、越智さんご自身が発案なさったもので、巻末に越智さん手書きの製法図があります。それをもとに私は、この熱冷まし機を作るには、どんな道具をつかって、どうやって作るだろうと、あれこれ考えながら描きました。とても楽しい作業でした。

Q:現在、プラハにお住まいとのことですが、生活環境が作品に与える影響は大きいですか
A:おそらく大きいとは思います。私が暮らしているのはプラハの街中ですが、プラハ市内でも自然は豊かです。散歩をすれば、季節ごとの自然の美しい色彩や形が目に飛びこんできます。
また、古い街並を歩けば、長い歴史の流れを感じます。日々見ているものは、長い時間をかけて、わたしのなかに蓄積されているのかもしれません。すこしずつですが、それがこれから形になってゆけばいいなと思います。

Q:最後に、『おふとんの くにの こびとたち』はとても温もりがあって、夢優しさに溢れていると思うのですが、この絵本を手に取る子どもたちにメッセージをお願いします。
A:この絵本を描くとき、熱を出して学校を休んだ日のことを思いだしました。母は、二階の子ども部屋から階段の手すりにひもを伝わせて、ひもに取っ手のついた小さな缶をくくりつけました。
「オレンジジュース」とひとこと書いたメモを缶の中にいれて、階段下にひもを送っていくと、しばらくして、母がジュースを持って子ども部屋にきてくれる……というしくみになっていました。 おふとんに寝ていなければならないたいくつな日も、なんだか楽しい一日だったのを覚えています。
もしかしたら……缶の中のメモは、こびとさんたちが母のところまでとどけてくれていたのかもしれません。これから寒い季節になりますね。うっかり風邪をひいてしまってもあわてずに、熱が下がるまでおふとんの中でしっかり眠りましょう。

きっと、みなさんのところにもこびとさんがやってきてくれると思いますよ。

 

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事
  • 戦争の絵本。夏休みに読むべき絵本10冊
    戦争の絵本。夏休みに読むべき絵本10冊
    こんにちは。メルヘンハウスの三輪丈太郎です。 8月15日は、終戦の日(終戦記念日)です。日本は、1945年の8月6日に広島に、8月9日には長崎に原爆が投下されました。その後、8月14日にポツ...
  • 「だるまさんが」の絵本が大人気。どんな絵本?
    「だるまさんが」の絵本が大人気。どんな絵本?
    書店で赤ちゃん向けの絵本コーナーに必ずと言って良いほど置いてあるのが、この『だるまさんが』(ブロンズ新社)のシリーズです。インターネットでも、この『だるまさんが』の絵本を紹介しているページは非...
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 大人に教えたい絵本。おすすめ10冊
    大人に教えたい絵本。おすすめ10冊
    絵本は、子どもだけのものだと思ってるそこのあなた…何てもったいない!! 絵本を一番たくさん読むのは、確かに子どもの頃かもしれません。でも、対象年齢の下限はあっても、上限がないのが絵本の良いと...
  • 泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    あなたは、どんな時に感動したり、泣いたりしますか? 映画で思わず泣いてしまったという人は多いかもしれませんが、絵本でも泣ける内容の感動的なストーリーがたくさんあります。 この記事では、子どもだ...
こちらもいかがですか?
  • !cid_124306D3-44FC-4A89-8CBB-C18DBC04751F
    荒井良二さんのサイン会を開催します

    すてきな絵本と出合い、すてきな作家と出会う 『あさになったのでまどをあけますよ』(偕成社)の原画展が大好評の荒井良二さんのサイン会が決定しました。 すてきな荒井良二さんにお会いできる滅多にない機会です。お楽しみにしていて…

  • あさ
    『あさになったのでまどをあけますよ』原画展

    なにげない日々のくりかえしの中にある、たしかな希望、生きることのよろこび 子どもから大人まで、多くの人を魅了する荒井良二さん。今回は様々な賞もとられた『あさになったのでまどをあけますよ』(偕成社)の原画展を開催します。 …

  • 26755299_10213784070863720_280144834_n
    長谷川義史さんと大友剛さんの絵本ライブを開催!

    その場で出来ていくお話と音楽。まさに絵本ライブ! 絵本作家の長谷川義史さんと、ミュージシャンでマジック、翻訳などでも活躍する大友剛さんの絵本ライブが決定しました。 絵本の読み聞かせはもちろんのこと、マジック、音楽、そして…

  • image2
    『ぎょうれつ』ガーランドをつくろう!ワークショップ開催

    このぎょうれつは、どこまで伸びるかな? 『ぎょうれつ』や『UFOのつくりかた』など細かい描写が魅力の絵本作家、中垣ゆたかさんによるワークショップを開催します。 ガーランド(旗)をたくさん作って、どんどん繋げていくと、とっ…

  • 350_Ehon_116951
    12/10宮西達也さんの読み聞かせ&サイン会 開催決定!

    大人気、大忙しの宮西達也さんがご来店! 『おまえうまそうだな』(ポプラ社)などティラノサウルスシリーズや、数多くの作品を発表している絵本作家、宮西達也さんのご来店が決定しました。子どもたちへの読み聞かせとサイン会を開催し…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索