第101回「絵本と子どもとたわむれる」

年末までは、何かとバタバタです。

101という数字を見ると何を想像しますか?「101匹わんちゃん」ですか?それとも、「101回目のプロポーズ」ですか?僕は後者です。そんなこんなの第101回目の日記です。

10月下旬から11月上旬にかけての忙しさから、ちょっとだけ抜け出したような気がします。とはいえ、年末に向けて子どもの本専門店は大忙しです!クリスマスにお正月とみんな大好きな行事がてんこ盛り。そこに大人は忘年会も加わるわけなので、これまた大変です。僕にも遠い東京から、高校時代の友達が忘年会に誘ってくれるのですが、もちろん行けません。12月の子どもの本専門店は休みなど優雅に取るなんてできません。でもそれは本屋に限ったことではないでしょうね。バタバタする日々は波がありながらも、まだまだ続きそうです。

「100回ぐらいで調子にのるなよ!」

先日、なかがわ絵本創作教室の15周年パーティーがありました。メルヘンハウスの毎年9月の恒例となっている作品展など、日頃から色々とお世話になっているので、駆けつけないわけにはいきません。場所は教室もある覚王山というところ。日泰寺という大きく立派なお寺があり、そこにへ向かう参道はとっても気持ちよいのです。要するに良いところ。覚王山にいくだけでもワクワクするのに、パーティーもあるなんて!そして、この良い天気!と言いたいところですが、そこは雨。パーフェクトにはいきません。

パーティーは新旧の生徒さん、関係者などあわせて50〜60人の大盛況!オホホ、ウフフのパーティーではなく、ギャハハ、ワハハの飾らない、気取らないパーティー。みんな本当に楽しそうでした。 昔取った杵柄で、余興でベース弾いたり(メリーゴーランドのヒゲのおっさんとその教え子のエミちゃんと3人でバンド演奏しました)、「15周年おめでとう!」とその年月の頑張りをみんなで讃えました。増田さんは祝辞として「15年ぐらいで調子にのるなよ!メリーゴーランドは来年で40年、メルヘンハウスは43年やで!」なんて言ってましたが、僕に置き換えると15年も続けてやってきたことは音楽ぐらいしかないので、「スゴいなぁ」とただただ尊敬するのでありました。

 

そんなことをいうとこの日記も「100回ぐらいで調子にのるな!」てことだと思います。もっといえば「メルヘンハウスに1年半いるだけで調子にのるな!」ってことも。そう、その通りだと誰に言われたこともないけど僕は思っています。子どもの本専門店の息子に生まれてもうすぐ40年というだけで、絵本をはじめ児童書に精通していると思われがちですが、実はそうでもなく、長期ブランクを経て今ここにいます。しかし、遠のいていた時間があるからこそのこともあります。もっと具体的にいえば、「本嫌いの子どもの気持ちがわかる」のです。

本嫌いの子どもたちの気持ちのわかる書店員です。

僕は、本屋の息子に嫌気がさして、10才ぐらいから本をあまり手に取らなくなった時期があります。本の世界に戻ってきたのは20才あたりから。なので、本を手に取らない子どもの気持ちはよくわかる。本がなくても楽しく学生時代を過ごすこともできたし、本以外に魅力的なことはたくさんありました。しかし、40を目前にして色々な本を読んでいると、「あの時に読んでたら、また人生が違ったなぁ。」と思うことが多々あります(今の人生を決して後悔はしていません)。そう、「本に出合う」ということが、どれだけ大切か?そして、書店としては「出合いをどうやって演出するか?」ということなのです。キャリアが1年半の僕にしかできないことがあるのでは?と、40年以上のキャリアのある父などではできないことを一生懸命やるしかないのだと思い、お店で接客したり、講演会に出かけて行ったりしています。

今を噛み締める、今を積み上げる。

少し前に子ブタ シープピッグ(評論社)の話をこの日記で書きました。あるベテランスタッフに、「小学生のときに出合っておきたかった本だった」というと、「今出合えたから良かったじゃない」と言われました。出来れば早く出合えたら良かったかもしれないけど、「今」というタイミングだったのだと、その言葉を聞いて思いました。もしかしたら、そんなタイミングって自分が作るものであり、読み方も感じ方も変わってくるのだなぁと「今」を噛み締めています。

「今」を大切に積み重ねて、地道に未来を切り開いていこうと思います。

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索