第104回「メリークリスマス!」

本日は12月25日、メリークリスマス!メルヘンハウスは昨日までは多くのサンタさんがやってきました。そして、多くの子どもたちも来てくれました。この時期の忙しさは尋常ではないのですが、たくさんの方々の本選びをお手伝いできるのはとても嬉しく、楽しいものです。

僕は今月で40歳となり、遂に大台へ。未だ落ち着きのない40代で、子どもの頃に描いていた大人像とはものすごく遠く、やらかしてしまうことも多々あるのですが、周囲になんとか助けてもらい生きています。いや、生かされているのだと思います。

この仕事について1年9ヶ月。まだまだ未熟者ですが、この仕事の楽しさがちょっとずつわかってきました。そして、難しさも。「石のうえにも三年」と言いますが、今の世の中が三年も猶予をくれるのか?そんなことを思いながら、常に前のめりでやっています。

父はよく言います。「どんなに辛いことがあっても、お店で子どもたちの顔を見ていると辛いことも忘れる。」と。本当にそうです。僕も最近この気持ちがよくわかります。と書くと、辛いことだらけのように思われるかも知れませんが、そのようなことではなく、つまりはメルヘンハウスの原点は「子ども」なのです。

「子どもたちに良い本を!」

これが43年続く、メルヘンハウスの基本理念です。メルヘンハウスは一人でも多くの子どもたちに本を手渡したくて父が始めた店です。そこに賛同してくれる人々が集い、お客さんやスタッフとなり今まで続いてきました。そして、それは今も変わりません。ただ、時代は確実に変わっています。43年前にはインターネットもありませんでした。もっといえば、子どもの本専門店もありませんでした。

本屋に限らず、商いの形が変わりつつある今、商店はどうなっていくのか?そもそもお店ってなんなのか?とても問われる時代だと感じます。要は人が商品とお客さんの間に介する意味は?意義は?このままだと、人の出番がなくなるのでは?と最近よく思います。

しかし、メルヘンハウスという場所がなければいけない理由は、しっかりとあります。それは、子どもと本の出合いの場であること。実際に子どもたちや、子どもに本を読んであげたい、読んで欲しいと願う大人の方々とお話をして、見合った本を選ぶということ。何でもないようなことだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが大切なことなのです。

本は手に取れば誰にでもわかるというものでもありません。特に児童書など、赤ちゃんが自分で判断して本を選ぶことはできません。そんなときにメルヘンハウスのスタッフの出番がやってきます。今までの経験を基に、様々なニーズにお応えしています。そして、僕らもお客さんとのやり取りは楽しい!洋服屋さんでコーディネートを色々と店員さんと相談する感じが一番近いと思います。その人に似合うように、季節感や体型や好みの色や……。お客さんに色々と提案をして「これ面白そう!」と言われたり、「この前のおすすめの本、子どもが大喜びでした!」なんて言われたときは本当に嬉しい!そして、何よりもそうやってわざわざ足を運んで来てくれるのが嬉しい!インターネットで何でも買える時代にわざわざ来てくれる。だから、僕たちはそれに応えられるようにしないといけない。

商いってこんなことじゃないかなぁと思います。つまりは、その店でお買い物をしたい!わざわざ行きたい!と思えるか否か。ただ置いておけば良いなんていう商いの時代は既に終わっていて、今まで以上に人と人とのコミュニケーションが重要視される商いの形でないといけないのでは?と。

そのためには、僕はもっともっと本を知らなければならない。本当の意味での児童書のプロフェッショナルにならないといけない。そして、もっともっと子どものことを知らなければならない。

まだまだ長い道のりですが、マイペースでは間に合わず、ハイペースでは見落としがちになり、ではどんなペース?まだまだ自分自身も把握出来ず、おそらく来年も、もがき続けるでしょう。

一年間、ありがとうございました!メルヘンハウスは年内29日(火)まで。

またお会いしましょう!

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索