108回「新しくない新しいサービス」

輪を広げたい!

「もっともっと、絵本の楽しさを広げたい!」常にそんな思いでいます。それは、僕自身が小さなときから本に色々と楽しさを教わってきたからです。

まだまだ世の中には、本を手にしたことのない子どもたちが沢山います。本の楽しさを知らずに大人になって行く人も沢山いる。楽しみというのは、本だけでないことは確かです。しかし、本からしか得られない楽しみと喜びをもっともっと伝えたいのです。

お客さんとのやり取りが楽しい!

お店にいると、「2歳6ヶ月になったのですが、おススメの本はどれですか?」、「友達に子どもが生まれたので出産祝いで本を贈りたい!」、「小学3年生の男の子で、あまり本との接点がなかったのですが、読み易い本はありますか?」などなど、お客さんから様々なリクエストを受けます。

僕は、こんなお客さんとのやり取りがとても好きなのです。実際にお客さんと話をして、「あれでもない、これでもない」、「そうそう!これこれ!」なんて、もう楽しくて仕方ない、いわばお店の醍醐味です。

新サービスとは?

しかし、メルヘンハウスは名古屋にあります。ありがたいことに休日は名古屋近郊からだけでなく、他県からもわざわざ来てくれるお客さんもいますが、やっぱり頻繁には来れません。「全国の本を求めている子どもたちに、もっと身近に感じてもらえるようなことができないか?あたかも手渡しているようなサービスはできないか?」と考え、このたび選書サービスを始めました。

ogp画像修正シンプルにお客さんに「どんな本を、誰に選んでほしいか?」、申し込みフォームに入力してもらい、それを基に僕が選書するサービスです。まだまだリリースして間もないので、皆さんがどのような反応をされるのか?楽しみな反面、心配していたりもします。

メルヘンハウスは今年で44年目にはいります。そのなかで今回のサービスは新しい試みです。しかし、その「新しい」というのは、表立ってサービスを提供するこは初ですが、実はオープン当初から既にやってきた、メルヘンハウスにとっては、当たり前の通常業務なのです。

子どもの本だけでなく、総合的に本を取り扱う一般書店とは異なり、メルヘンハウスには、「子どもの本」を求めてやってくる方がほとんどです。しかし、「どんな本が良いのかわからない!」という方も多く、それは当然のことだと思います。僕は、生まれたときからメルヘンハウスの息子でしたから、周りに本が溢れていましたが、多くの方はそんな環境にいません。なので、わからなくて当然なのです。今はインターネットなどで情報がたくさんありますが、その信ずるべき情報は何か?わからなくなってしまうことも多々あるのではないでしょうか。

選ぶということ。

そして、情報はたくさんあっても「選べない」ってこと。僕は子どもの本屋さんだから、子どもの本は選べます。実際にもうすぐ8ヶ月になる僕の息子に本を選ぶときは楽しくて仕方ない。「どんな反応するのかな?」、「この前は動物の本だったから、今度はどんな本にしようかな?」なんて、息子と読む姿を想像しながら選ぶときは、至福の時です。

こんなことをしたい!

僕は自分の息子だけでなく、全国の子どもたちの本を選びたい!と思ったのです。とっても大袈裟に聞こえると思いますが、真剣です。そして、最終的には、その子どもたちが自分で本を自由に選べるような環境にしてあげることが目標です。僕が選ぶため、偏りはあるかもしれない、いびつな選書になるかもしれない。お客さんには、そんな僕という人間味も楽しんでもらえたら幸いです。ですから、どんな本を選んだかは届いてからのお楽しみにします。事前にお伝えすることはしません。

世の中の多数を標準にしなくても良いのだと思っています。メルヘンハウス自体が44年もの間、そうやって進んできました。「売れる本ではなく、売りたい本(読んで欲しい本)」を選んできたのです。この選書サービスもそうでありたい。

“新しくない新しいサービス”を是非ともご利用ください。

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索