第111回「3.11に思うこと」

花粉症にはつらい季節です。

気がつけば3月中旬になりました。暖かい日が多くなり気持ち良く過ごせる!と思いきやの花粉症です。とっても辛くマスク着用で店頭におりますが、風邪などではないのでご安心くださいね。

今、保育園への入園に関して、世の中では色々な議論が交わされています。9ヶ月の子どもを持つ身としては、決して他人事ではありません。息子はタイミングが良く生後2ヶ月からすんなりと、しかも近所の保育園に入園することが出来たのですが、それがどれだけ幸運なことなのか?日々のニュースを見ると、なんだか申し訳ない気持ちになるときもあります。今の世の中で未来に希望を抱いている人と不安を抱いている人の割合ってどれくらいなんだろう?と思います。僕は正直なところ、毎日揺れに揺れています。

今日は3月11日です。

今日は3月11日です。震災から5年が経ちました。今日という日に震災のことを書くのはベタなことかもしれませんが、ずっとベタであり続けないといけないことでもあると思ってます。もっといえば、ずっと毎日でも考えていなければならないこと。あの日を境として、あの年(2011年)を境にして、僕の人生は大きく変わりました。それは震災だけでなく、個人的にも大きな転機となる出来事があり、まるっきり人生観が変わったのです。三輪丈太郎としての一生は一度しかありませんが、そのなかで何度か生まれ変わることが出来るチャンスがあるとは思うのですが、その大きなチャンスは2011年に1回使ったので、あと何回あるかな?と思ったり(決して今が嫌で変えたくて仕方ないとかではありません)……。

子ども、絵本、ラジオetc……

さてさて、僕の毎日の日課は朝と夜の2回、子どもと一緒に絵本を楽しむことです。その時間は朝も夜もほんの10分から15分程度。膝の上に子どもをのせて読んだり、イスに座らせたり、時には一緒に寝転んで読んだりしています。最近では、絵本を子どもに渡しておくと、パタパタとめくって楽しんでいるようです(まだ9ヶ月なので、本の内容を理解しながら読んでいるということではありません)。何故こんな話をし出したのか?実は、明日(3/12)FM愛知というラジオの番組に出ます。

朝の9時30分から「CHEERS PROJECT」という吉川朋江さんという方がナビゲーターをされている番組で、絵本の紹介や僕がメルヘンハウスに入ったいきさつ、子どもとのことなどを昨日収録してきました。吉川さんも2人の子どもをもつママなので、収録後も話題が尽きることなく、子どもの話などでとても盛り上がりました(皆さん良かったら聴いてください)。そして、吉川さんは、ラジオのお仕事以外でも色々と活動をされている方なので、今後も何かとご一緒の機会があるかも?とちょっとワクワクする時間を過ごしました。

混沌なる日々を生きる。

そんな楽しい時間も過ごしながらも、なんだかいつも混沌とする日々。未来は希望に満ちあふれ、明るい方が良いに決まっている。しかし、そのために苦しまなければならないこと、辛いことがある。目の前の現実から逃れることができない。生きているってなんだろう?3月11日に、そんなことを考えることは普通じゃないかと。考えずにいられない。身近なことでいえば、少子高齢化がうたわれているなかでの子どもの将来や、出版書籍業界が不況といわれるなかでの44年目迎えたメルヘンハウスの今後のことなど、考え出すと負のスパイラルにはまっていくのですが、無理にでもポジティブにならないといけないのか?

とにかく今を生きるしかないと、自分に言い聞かせて生きていくのみです。こんな日にもっと悲しみをもった方々が大勢いるなかで、自分のことだけをツラツラと書くのも良くないことなのか?と自問自答もしながらも自己表現を続ける。すなわち、子どもたちに本を手渡していくってことです。それだけは、丁寧にやっていかなければいけないと思ってます。

今日という日に1冊の絵本を選ぶとしたら、僕は『あさになったので まどをあけますよ』(偕成社)を選びます。

『あさになったので まどをあけますよ』 荒井良二/作・絵 (偕成社)

『あさになったので まどをあけますよ』
荒井良二/作・絵
(偕成社)

当たり前ですが、朝は毎日繰り返される一日のはじまりです。でも、本当に当たり前なことなのか?明日の朝を当たり前に迎えることが出来る喜びと感謝を感じながら、生きていきたいと思います。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴39年、メルヘンハウス歴1年のかなり遅れてきたルーキー。

 

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索