第115回「本屋として出来ることはなにか?」

子どもたちの写真展がはじまります。

早いもので来週には5月になります。毎年、いつの間にか時が過ぎ去っていきますが、ここ数年は本当に早く感じます。世の中のスピードが年々早くなっているので、おそらくこれからはもっともっと早く感じるのかもしれません。もう少しゆっくりと日々を味わいたいものですが、そうはいかないようです。

お知らせにてご案内していますが、4月29日(金・祝)よりママたちの写真展「+Happyの天使たち〜やさしさをありがとう〜」がはじまります。この写真展は染色体起因の障がいをもつ子どもたちの写真を集めた写真展で、メルヘンハウスギャラリーでは2年ぶりの開催となります。

前日の設営風景

前日の設営風景

前回開催時は、まだメルヘンハウスに入って間もないこともあり、あれよあれよという間に終わってしまいましたが、今回は日程決めから主催の21+HAPPYの代表の方と何度も打ち合わせをして関わらせていただきました。

熱意あるものは、必ず人を動かす。

メルヘンハウスのギャラリーは、基本的に絵本の原画展の開催が多いのですが、「子ども」というキーワードに活動している方などにも場所提供をしています。今回の写真展も、何十人もの子どもたちの顔が一斉にギャラリーを埋め尽くします。その光景ったら本当に素晴らしいものです。前回、その素晴らしさに衝撃を受けた僕は、「一人でも多くの人に、この思いを知って欲しい!共感してほしい!」と思い、ちょっと出しゃばってみたのです。

前日の設営風景

前日の設営風景

普段の生活があるうえで、今回の写真展など何かを企画し実行していく労力というのは、よほどの熱意とパワーと情熱がないとできません。この21+HAPPYの代表の方は、いつも明るくて前向きで、僕もいつも元気をもらっています。「何か役にたちたい!」というと、とても恩着せがましいのですが、「少しでも関わらせてほしい!」と純粋に思いました。

しかも、その思いは広がり、今回は宣伝にも色々な方々にご協力いただき、某ラジオ局では連日お知らせをしていただいたりもしています。とてもありがたいことです。輪が広がっていく瞬間のなかにいると、とってもドキドキしてワクワクします。この輪がどんどん広がっていけば、今までになかったようなムーブメントが起きると信じています。是非とも、この写真展に足を運んでいただきたいと思います。

前日の設営風景

前日の設営風景

共存していくことが明るい未来では?

まったく話は変わり、まだ詳しくはお話できないのですが、水面下で面白い企画が進行しています。その企画は個人的にもメルヘンハウスとしてもはじめての試みです。企画は二転三転し紆余曲折しながら、なんとか光りが見えてきたところ。こちらも情熱に溢れた方と何度もディスカッションをしながら進行中。全く新しいサービスが世に出るのは夏頃か?

「本」そのものが、これからどうなっていくのか?2020年には教科書がタブレット化するという話もあります。既に幾つかの自治体では副教材として導入されている地域もあるようです。そうなると、紙という文化は必ず変化します。今までは児童書でいうなら「本」の中身について、読むという行為について、子どもたちに伝えていくことがメルヘンハウスの仕事であったのだと思いますが、これからは「モノ」としての「本」そのものの良さを伝えていくことも重要な仕事になってきます。

21世紀を迎えた2001年、今から15年前の話ですが「思ったほど未来にならなかったなぁ。」と友達とかと話をしていました。しかし、ここ2〜3年はついに未来に突入したのだと肌で感じています(ここでいう僕の未来は、小松崎茂の描く未来の絵です)。突入した未来が良いものなのか否か?僕には今判断できません。しかし、いつの時代も願われていた「子どもたちに明るい未来を!」ということは大切にしたいと思います。そして、それはどれだけ進化しても「人から人へ」手渡していくことと、便利さの共存だと思います。つまりは、インターネットと、インターネットを介さないものとの共存。これからはどちらかに比重が大きくなってもなり得ません。良いバランスをどう保っていくか?見つけていくか?それが明るい未来だと、僕は思っています。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴40年、メルヘンハウス歴2年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索