第123回「こういうことがやりたいんだよ!」

夏は嫌いではなく、得意ではないのです。

猛暑です。今年の夏はとても暑い!車に乗っていても暑い!クーラーが効いてきたかと思うと目的地に到着し、「なんのためにクーラーつけていたんだろう?」と疑問に思うことも多々あり。小さな頃からそんなに暑いのは得意ではなかったけれど(小中と野球部で炎天下のなか水を飲まずに練習していましたが……。)、もう40歳になると得意、不得意ではなく、「無理」になりますね。

しかし、夏が嫌いなわけではないのです。暑いのが得意でないだけです。夏休みも好きだし、夏の旅行も良い!花火とか夏の風物詩も楽しみにしている。東京で音楽活動をしていたときは、夏に九州や四国にツアーに出かけたり、音楽フェスに出演したり、良き思い出もたくさんあります。このメルヘンハウスに入社して3年は、こんな夏休みを楽しむことはありません。むしろ「子どもたちに楽しい夏休み」を提供する側になりました。

折り紙教室を開催!

この3回の夏休みでは、スタッフによる工作教室を開催したり、絵本作家さんのワークショップをやったりしましたが、今回はメルヘンハウスの常連さんに「折り紙教室」をお願いしました。たまにふらっと立ち寄ってくれて、おはなし会でも後ろの方でニコニコしている青年がいます。その青年は僕がメルヘンハウスに入る前からのお客さんで、スタッフとも顔馴染みでした。僕も何度か会うたびに話すようになり、いつもニコニコしていて物腰柔らかな優しい青年に興味を持つようになりました。

2年前のクリスマスだったと思います。スタッフ全員に青年が作った切り絵のカードをプレゼントしてくれました。その出来映えに驚いた僕は、その時から「いつかのタイミングで子どもたちに工作教室をやってもうらおう!」と考えていたのです。そして、今回ようやく青年に折り紙教室をやってもらうことになったのです。

事前に何度か打ち合わせをしました。今回は小さい子どもにも楽しんでほしいため、安全性を考えハサミやカッターなどを利用せず、「紙」だけで作れるものとしました。また、「気軽に参加してほしい」ため、予約制にせず、13時30分から16時30分の3時間のなかで、好きな時間に来てもらうことにしました。

満員大盛況!

さあ、いよいよ当日。このホームページやSNSでも事前にお知らせしていたましたが、本当に人が集まるかは当日までとても不安でした。しかし、その心配はすぐに消えました。始まると同時に2組の親子がやってきました。最初の30分ぐらいはゆっくりと折っていたのですが、次から次へと子どもたちがやってくるではありませんか!

気が付けば、青年は3時間ずっと折りっぱなしでした。終わった後に声をかけるとヘロヘロでしたが、とても良い笑顔でした。青年は特に子どもたちと関わる仕事をしているけでもなく、興味があるわけでもないと言います。しかし、青年の才能として、「子どもと同じ目線」を持つことが出来る人です。これはなかなか簡単に出来ることではありません。最初はぎこちない子どもたちとの関わりも、時間が経つに連れて、「何が折りたい?」、「一緒にやってみよう!」と自然に言葉と笑顔が出てきました。

お客さんと一緒にメルヘンハウスの空間を創りたい。

「こういうことがやりたいんだよ!」

これは、今回の折り紙教室みたいなことです。今まで数多くの絵本作家さんのワークショップ、トークショーなどを行ってきました。それは、「さすがプロ!」というクオリティとエンターテイメント性の高いものばかりでした。このようなことは、子どもたちにとっても貴重な経験となるため、これからも行っていきたいことです。そして、それと同時に「地域」にこだわり、お客さんと一緒にメルヘンハウスという空間を創っていきたいのです。

メルヘンハウスには、子ども連れ、子どもに関する職業以外の方もたくさんいらっしゃいます。そして、なかにはこの青年のように秘めざる特技を持っている人も。そんなお店での出会いから派生したことで、子どもたちに還元されていく流れができれば、とても嬉しく思います。そして、それが僕の理想です。

メルヘンハウスという場、理念を理解していただき、「こんなことやりたい!」なんて想いがある方は遠慮なく僕までお知らせください。何か始まることへの期待を常に持っています。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴40年、メルヘンハウス歴2年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索