第128回「もうそんなこともできるようになったの?」

師走がはじまりました!

12月に入りました。師走の始まりです。忙しいとか暇とかは個人差があるため、なんとも言えませんが、書店に関して言えば12月は一年で一番忙しい時期であることは確かです。クリスマス、お正月(来年)の準備など、たくさんのお客さんが来てくれます。結果、たくさんの方と出会い、たくさんの方が色んな本と出合う最高の月なのです。

僕は、どちらかと言えば忙しい方だと思います。そんなに大きなキャパシティがあるわけではないので、そのように感じるのかも知れませんが、やるべきことがたくさん!そして、家に帰っても1歳5ヶ月の息子と一緒に本を読んだり、息子を担いでグルグル回したり、落としたり(安全にやってます)、お風呂入ったり、寝かしたりと、「ふぅ〜」なんて息をつくのは寝る前のほんの1時間ぐらいでしょうか。12月だからと言って忙しいのではなく、このぐらいの年齢の子どもが近くにいると、毎日が師走!もちろん、仕事だってちゃんとやってますよ!

講演会をさせていただくキッカケはSNSも。

最近、ありがたいことに講演会の依頼をいただくことが多くあります。既に来年の1月から3月までは週に3回ある日などもあり、お声をかけていただくだけでありがたく思います。そんな方たちも、「このブログやSNSを見てお願いしました。」などと仰るので、まだまだお会いしたことがない方で見ていただいている人がたくさんいることを知ります。

先日もお店で「丈太郎さんですか?」と声をかけられ、「そうですが……。」と答えると、「いつもブログやSNSを見て、絵本選びの参考にしています。」と仰っていただきました。なんと光栄な!そうやって少しでもお役に立てたり、実際にお会いしたときにコミュニケーションが取れたり、今時の手法ではありますが、書きがいがあるものです。

日に日にわんぱくになっていく!

さて、息子ですが、子育てをされている方々から「このあたり(1歳半)からの成長が早いよ!」とよく聞いてはいたのですが、本当に早い!歩くのは当たり前、机によじ登ったり、色々なものを引っ張り出してきたりとその勢いは止まる事はありません。その分、転んだり、頭をぶつけたりして泣きわめいてもいますが、言葉も少しずつ話すようになり、そして理解もするようになってきました。

「それ、ないない(しまう)してきて」と言えば、本は本棚にしまい、「バイバイ!」と言えば、「ブァイブァイ!」と手をちょこんと曲げたりと、その都度「おおー!」と親バカに喜ぶのでした。本への理解力も断然にあがっています。『たべたの だあれ』『かくしたの だあれ』(ともに文化出版局)と言う本については、左ページに描かれているモノを右ページの生き物や人やモノのなかに紛れているのを探す、大人が読んでも楽しい絵本ですが、左右を見比べて同じモノを見つけると、指を差して楽しんでいたりします。

また、少し長めの本は、今まで最後まで読む前に違うものへ興味が移っていたのですが、最近では最後まで見ています。息子を僕の膝の上にのせたり、「ちゃんして」と、僕の前に座ってもらったりしながら読んでいますが、読み出したら止まりません。お客さんのなかにも「なかなか終わらせてくれないですぅ〜。」と仰られる方もいるのですが、ウチも例外ではないようです。しかし、それは嬉しい悲鳴であり、もっともっと沢山の種類の本を読んであげたいなぁと思います。

自分にとっての存在を確かめているような……。

息子は絵本以外にも沢山の楽しい遊ぶを覚え出しています。ミニカーで遊んだり、パズルをしたり、広告を破いたり、レコードプレーヤーを回したり、テレビのリモコンを難しい設定にしてみたり……。子どもは遊びの天才!と言いますが、本当にその通り。なんでも遊びになります。

そんななかで絵本は、僕と息子を繋げてくれる大切な時間です。たまに夢中で読んでいると、息子は絵本を見ているのではなく、懸命に字を追いかけ読んでいる僕の顔をジーッと見ている時があります。彼にとっては、絵本を楽しむことは僕を楽しむことでもあるのかもしれません。母の存在は早くから認識していたようですが、「こいつが父か。」と言わんばかりのその目は、自分(息子)にとって僕がどのような存在なのかを確かめているようです。

こうやって絵本のある生活を楽しむ我が家は、いつも泥棒が入ったかのようにモノが散乱し荒れているのでした。

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴40年、メルヘンハウス歴2年のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
人気の記事
  • メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。
    2018年3月31日、メルヘンハウスは45年と5日の長きにわたる書店活動を閉めることとなりました。 「一人でも多くの子どもに読書の喜びを」をスローガンに、国内初の子どもの本専門店として立ちあげま...
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    photo by MIKI Yoshihito 自分の子どもへの読み聞かせはもちろん、小学校のボランティアや町内の子ども会など、意外と機会があるのが、低学年の子どもへの読み聞かせです。 でも、...
  • 絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    「絵本読んで!」 子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵...
  • 泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    泣ける絵本。大人も感動する絵本10冊
    あなたは、どんな時に感動したり、泣いたりしますか? 映画で思わず泣いてしまったという人は多いかもしれませんが、絵本でも泣ける内容の感動的なストーリーがたくさんあります。 この記事では、子どもだ...
こちらもいかがですか?
  • 名称未設定-1
    第140回「読書の秋は忙しい!」

    2歳4ヶ月の創作話が面白い! 11月に入りました。秋は「読書の秋」と言われていますが、お陰さまで大忙し!「大人の絵本遠足」は毎週入っていて、多い時には週3回も開催することもあります。また、講演会にお呼びいただくことも多く…

  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索