第35回「大人も感じる絵本の力」

大人も絵本を楽しむことが出来る!

「年配の男性にプレゼントを」と考える時、いつもはじめにおじさんのかさ(講談社)が頭に浮かびます。

―イギリス紳士風のおじさんは、黒くて細くてピカピカに光ったつえみたいな傘を大事にしていました。雨が降っていなくても、出かける時はいつも持って行きます。濡らしたくないので少しの雨ならさしません。もう少し降る時は雨がやむまで雨宿りをして待ちます。急ぐ時は傘を抱いて雨中を走ります。雨がやまない時は他人の傘に入れてもらいます。大降りの日はどこへも出かけません。大事な傘を濡らしたくないからです。そんなおじさんが、大事な傘をさすことになります。それは子どもが傘をさして、「雨が降ったらポンポロロン、雨が降ったらピッチャンチャン」と、雨を楽しんでいるのを見たからです。子どもから学んだのです。―

『おじさんのかさ』 佐野洋子/作・絵 (講談社)

『おじさんのかさ』
佐野洋子/作・絵
(講談社)

この絵本をプレゼントした方から、大喜びの手紙をいただいたことがあります。

「とても良い絵本です。このおじさんの気持ちはよく理解できます。自分の中にもいくつかこんな経験を見つけることができました。
自分が雨に濡れないための傘なのに、決して傘を雨に濡らしたくない。そのためのささやかな抵抗、他人から見れば、理屈に合わない滑稽なことかもしれないけれど、このおじさんにとってはお気に入りの傘を大事にしたい一心なのですね。
自分の気持ちを代弁してくれたこの絵本、友だちも同じ気持ちになれると思いますので、注文します。
子どもから教えてもらう場面も嫌味がなく、とても素直に感じました」
 
メルヘンハウスを始めたころに比べると、大人の間で絵本をプレゼントに使うことがとても多くなってきました。絵本は、子どもだけのものではないことが広く知られてきたからでしょうか、絵本で育った世代が大きく広がったからでしょうか、「絵本の力」を再確認できる背景が整いつつあるようです。

代表 三輪哲

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
お子さまの年齢に合わせて専門店が選び抜いた絵本を毎月お届けします!
大人気!ほかでは手に入らない からすのパンやさん トートバックをもれなくプレゼント
詳しくはこちら
人気の記事
  • 2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    2歳の絵本。絶対におすすめの10冊。
    photo by Leon Wilson 2歳になると、言葉や色々なものを覚えてきます。基本的な生活習慣が形成され、一人で色んなことが出来るようになってくる時期です。そんな時期だからこそ、絵本の...
  • 【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    【読み聞かせ】低学年におすすめの絵本10冊
    photo by MIKI Yoshihito 自分の子どもへの読み聞かせはもちろん、小学校のボランティアや町内の子ども会など、意外と機会があるのが、低学年の子どもへの読み聞かせです。 でも、...
  • 絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    絵本の読み聞かせの本当の効果とコツ
    「絵本読んで!」 子どもにせがまれて、絵本を読んであげる。いわゆる読み聞かせですが、これもご両親の大事な仕事の1つですよね。ただ、喜んでくれるのは嬉しいけれど、忙しい毎日の中で、何度も同じ絵...
  • 4歳におすすめの絵本10冊
    4歳におすすめの絵本10冊
    本の楽しみ方の幅が広がる4歳の子どもたちに、おすすめの絵本を10冊紹介します。...
  • 大人に教えたい絵本。おすすめ10冊
    大人に教えたい絵本。おすすめ10冊
    絵本は、子どもだけのものだと思ってるそこのあなた…何てもったいない!! 絵本を一番たくさん読むのは、確かに子どもの頃かもしれません。でも、対象年齢の下限はあっても、上限がないのが絵本の良いと...
こちらもいかがですか?
  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第34回「北海道・ラーメン・コーヒー・絵本」

    コーヒーショップで絵本と出合う 北海道にある私大の依頼で、子どもの本についての公開講座を引き受けることになりました。講座もすんで夕食をということになり、暗くなりかけたタヌキ小路に出かけ、おいしいラーメンに出合い、とても幸…

  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第33回「本に託して心を贈る」

    母さんサンタや父さんサンタ、そしてお爺さんサンタにお婆さんサンタが‥‥‥。 12月は子どもの本専門店が、1年でいちばん賑わう時です。今年のクリスマスも子どもたちへのプレゼントとして、「心に残る本を」と考えている、母さんサ…

  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第32回「メルヘンハウスは老舗か?」

    老舗とは? 創業30年を過ぎた頃、ある経済新聞社から取材の申し込みがありました。「老舗(しにせ)を訪ねる」という趣旨らしい。「私たちは老舗ではありませんので取材対象にはなりません」とお断りしますと、「30年以上継続して営…

  • %e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5
    第31回「お花の色は何色?」

    教材として花を植えているのではない。 メルヘンハウスの入口には、一年を通して大きな鉢に花が植えてあります。季節に応じていろいろな花でお客さんを迎えたいというスタッフの思いです。 真っ赤なペチュニアが咲いていた頃のことです…

  • %e6%9c%ac%e5%b1%b1%e5%ba%97%e8%88%972
    第30回「お弁当持って本屋さんへ」

    メルヘンハウスで1日を過ごす親子。 もう30年以上も前になりますが、忘れられない男の子がいました。小学4年生だったと記憶していますが、その子は、春休みを利用して、メルヘンハウスへ毎日通ってきました。 当時、子どもの本専門…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索