第133回「子ども・絵本・笑顔があればいいわけじゃない!」

いろいろわかってきたこと。

あっという間に桜も散り、早いもので4月も後半に突入しました。当初は週2のペースでこの日記も書いていましたが、今では月1になってしまいました。まあ、数が多ければ良いと言うことでもないので、と言い訳をしながら書いています。

僕もメルヘンハウス4年目となりました。まだまだお勉強中ではありますが、構図と言うのか?仕組み?関係性?児童書業界と言うものが少しずつわかってきたような気がします。そして、色々な考え方があることも。

メルヘンハウスの基本理念は「子どもたちに良い本を!」です。「良い本とは何ぞや?」という永遠の壁を日々登っているわけですが、最近、やたらと「子ども」、「絵本」、「笑顔」を組み合わせたキャッチコピーをよく見たり、耳にします。「子どもたちを絵本で笑顔にしてあげたい」とか「絵本は子どもたちを笑顔にするものだ」とか、でも本当にそうなのかな?絵本=笑顔ってことが「絵本」なのかな?

もちろん、絵本で笑顔になることはあるし、それを目的にしていることだってあります。「子ども」、「絵本」、「笑顔」を否定しているわけでなく、その言葉の善意的なイメージを策略的に利用されている感じがとても嫌なのです。

絵本の楽しみとは?

色々とお世話になっている絵本作家の工藤ノリコさんが、2年前にメルヘンハウスで行ったトークショーの言葉で忘れられないものがあります。

「私の絵本は子どもたちの娯楽でありたい。何故なら、子どもたちはストレスの発散の術をまだ知らない子が多いから、私の絵本で楽しんでほしい」

僕は、講演会をする際によく引用させてもらっています。絵本と言うものは、笑顔だけを子どもたちに提供するものではない。その絵本の世界に入って一緒に泣いたり怒ったりすることだって、絵本の楽しみであると思います。ほんわかした優しいことだけが絵本でないことを知ってほしいと思います。

僕が好きな今はなきザ・ブルーハーツの曲で「イメージ」と言う曲があるのですが、その歌詞で「イメージ、イメージが大切だ。中身がなくてもイメージがあれば良いよ」と、ものすごく皮肉な歌詞ですが、まさにそうやって「子ども」、「絵本」、「笑顔」を利用している大人がいるってことが残念に思います。

『しばてん』を読んでほしい。

そんな人たちは田島征三さんの『しばてん』(偕成社)を読むべきだと思います。そこに笑顔はあるのか?真剣に考えていただきたい。そう、そんな意味で本物と偽物の匂いの嗅ぎ分けが少しずつ出来てきているような気がします。

『しばてん』 田島征三/作・絵 (偕成社)

『しばてん』
田島征三/作・絵
(偕成社)

「お前だってまだまだじゃないか!」

と言われれば、仰る通りです。ただ僕は「子ども」、「絵本」、「笑顔」を道具には絶対にしない。何故ならメルヘンハウスがやってきた45年の歴史は、こんな薄っぺらいものではないから。子どもたちと真剣に向き合えば合うほど、「もっとしっかりとやらねば」と思います。

特定の人の悪口ではありません。ただ、小難しく考え過ぎなだけかもしれませんが、出版書籍業界が目紛しく激変する中で、絵本を偽善に利用して欲しくないだけです。

さあ、本物をしっかりと見極める目を鍛えるところから始めよう!

おしまい

三輪丈太郎
1975年名古屋生まれ。生まれた時から子どもの本専門店の息子という肩書きが嫌で、ここ最近までは全く児童書に関わりのないフィールドに生息。ある日、大尊敬する人から「メルヘンハウスって良いと思う児童書をセレクトして置いているんでしょ?それって、良質なDJと一緒だね!」と言われたことがキッカケでメルヘンハウスに入社することを決意。メルヘンハウスの息子歴41年、メルヘンハウス歴4年目のかなり遅れてきたルーキー。

この記事が気に入ったら
是非 いいね! してください
メルヘンハウスの最新情報をお届けします
お子さまの年齢に合わせて専門店が選び抜いた絵本を毎月お届けします!
詳しくはこちら
人気の記事

Sorry. No data so far.

こちらもいかがですか?
  • 07-0310_01
    第139回「好きなこと(本)を好きなだけ!」

    車、電車の絵本がスキ! 9月に入りました。8月は夏休みということもあり、たくさんの子どもたちがメルヘンハウスに遊びにきてくれました。子どもの本専門店として、やっぱり子どもたちが大勢いる店内は賑やかで良いですね。今月は「読…

  • 『ともだち』
谷川俊太郎/文・和田誠/絵
(玉川大学出版部)
    第138回「かけがえのないもの」

    今日という日 今日は終戦記念日です。もう72年になるようですが、この日になると亡くなった祖母のことを思い出します。祖母が話してくれたのは、戦時中の苦しい生活や辛い出来事。毎年同じ話でしたが、小学生ぐらいからずっと聞いてい…

  • おしいれ
    第137回「読書感想文について」

    名古屋は連日の猛暑で帰る頃にはクタクタになっています。といっても、店内は冷房が効いているので、暑さのせいだけではないような気もします。「大人になると色々あるなぁ」とヒシヒシと感じる今年で42歳の男。子どもたちは「子ども」…

  • 『とべバッタ』
田島征三/作
偕成社
    第136回「栄養素の未来」

    「若さ」に触れると言うのは一つの栄養素 梅雨入りしてから、なんだか心も体がスライムのような気分です。「シャキッ!」とガリガリ君のようなシャープさがあれば良いのですが、そうもいきません。また梅雨が終われば、暑い夏がやってき…

  • 『しょうてんがいくん』
大串ゆうじ/作・絵
(偕成社)
    第135回「そこにあるのは、血の通った人間とのやり取り」

    3世代で来てくれる喜び メルヘンハウスは多くのお客様に愛されています。これはとても嬉しきことで、しかも45年目ともなると、何十年ぶりかにいらっしゃるお客様もたくさんいます。そう、子どもの為に絵本を探していたのが、今度は孫…

おすすめ情報

お店のご紹介 詳細

営業時間
午前10時~午後7時まで
定休日
毎週水曜日
住所
〒464-0850 名古屋市千種区今池2-3-14
JR・地下鉄東山線 千種駅徒歩5分
※駐車場は店の裏手に5台
詳しいアクセス
TEL
052-733-6481

選びぬかれた絵本や童話を常時30,000冊揃えて、みなさまのご来店をお待ちしております。

絵本の読み聞かせ、紙芝居など、楽しいイベントを定期的に開催しております。

イベントページでご確認ください。

サイト内検索